男体山で修業

nantai 050
二荒山神社。下界よりましとは言え暑かったです。

2015/7/19(日)登山:栃木県日光市 男体山

ルート:二荒山神社登山口9:00-五合目9:58-八合目10:45-11:15男体山(2,486m)12:10-二荒山神社登山口14:03
所要時間:5時間3分
交通:東武日光駅から東武バス湯元温泉行で約1時間

台風の影響ですっきりしない天気の三連休。テント泊は諦めて、地元の山にトレーニングがてら登ってきました。富士山も考えたけれど、高速バスが空いていなさそうだったので止め。男体山は今回で3回目です。交通の便が良いし、温泉に入る時間的余裕があるのが良いですな。朝のうちは山頂付近にだけ雲がかかっている様子。トレーニング目的なので雨が降る前に下山できればOK。

nantai 002
杉林からスタート。すでに暑い。

nantai 004
舗装路を経て4合目、ここから本格的な山登り。

nantai 006
五合目。

nantai 010
七から八合目ぐらいは岩場。我慢のしどころ。

nantai 017
八合目過ぎた辺りから土に変わる。緑がまぶしい。

nantai 025
9合目を過ぎると視界が開け、火山らしい景観に変わります。富士山に雰囲気が似ています。南側は雲が切れて眺めが良かったです。

nantai 028
山頂が見えてきました。地面は濡れていたのですが、滑るというより適度に湿って歩きやすかったです。

IMGP0213.jpg
こんなのガッツかクラウドにしか持てん。

IMGP0214.jpg
山頂はさすがに涼しいです。思ったより天気が良くて良かった。

IMGP0216.jpg
社山や足尾方面の山々。

IMGP0219.jpg
大真名子山、小真名子山、帝釈山、女峰山。

IMGP0207.jpg
日光白根山は見えない。西ノ湖は見えました。

下山については割愛。3連休なので人はかなり多かったです。帰りは高齢の団体さんが原因の大渋滞に巻き込まれ、思ったより時間を短縮できず。ペースが人それぞれなのは仕方がないにしても、後ろが詰まっていたらリーダーさんが何とかしないとダメでしょう。あと、外国人の女性の方が多かったですね。日本の蒸し暑さが堪えるのか、皆さん揃って短パンにタンクトップのアスリート風。別の意味で良い眺めでした、胸元のあたりがw。富士山でも外国人の登山者は半袖短パンだったりするし、体のつくりが違うんでしょうな。日本人で1日で山頂3往復目という猛者もいましたけど。

タイム的に今回はそこそこ良いペースで歩けて、鈍った脚力が復活してきた感じです。来週あたりテント泊縦走といきたいところですが、また台風が来てるんですよねー。計画を立て辛くて困ります。
スポンサーサイト

残雪の女峰山

P1070196.jpg
全く何も見えませんでした…。

4/4(土)登山:栃木県日光市 女峰山
霧降高原バス停8:15-小丸山8:45-赤薙山10:00-奥社跡11:03-独標12:20-14:10女峰山(2483m)14:30-唐沢避難小屋14:55-黒岩16:35-白樺金剛水場17:16-稚児ヶ墓17:38-行者堂18:13-西参道バス停18:26
所要時間:10時間11分
交通:東武日光駅から東武バスで霧降高原。

土曜日は関東北部は晴れ間がありとのことだったので、雪がまだ多そうな女峰山に行ってきました。4/1から霧降高原行きのバスが運行開始しています。

P1070165.jpg
階段上にはほぼ雪はありません。

P1070168.jpg
赤薙山への尾根上の雪もだいぶ融けました。同じバスに同乗のカップルさんは避難小屋まで抜きつ抜かれつ。

P1070169.jpg
赤薙山頂。ここまでは踏み抜きも少なく快適に歩けました。アイゼン装着。

P1070174.jpg
奥社跡へと進むと踏み抜き多発です。先週が気温が高かった為か雪がかなり緩んでいました。

P1070177.jpg
奥社からの下り。先行者2名のトレースに助けられました。

P1070179.jpg
2229m峰から緩やかな登り。

P1070184.jpg
雪の状態が悪い。途中からワカンを装着も、踏み抜きで消耗。

P1070185.jpg
一里曽根、独標。ここでの休憩中にこの日一度きりの晴れ間。

P1070187.jpg
天候悪化。太陽は何処に~、天気予報士さん。この日は全く眺めなし。

P1070191.jpg
一応核心部の急登。トラロープ設置部分は完全に乾いていて問題なしです。

P1070192.jpg
山頂へ向かう稜線。吹雪いてます。天気が良ければ気持ち良かったろうな…。

P1070197.jpg
気温自体はそれほど低くないのですが、ガスで全く視界が効きませんでした。バスの時間にどう考えても間に合わないので、黒岩経由で下山に変更。

P1070198.jpg
ガレ場はペンキマークが見えないので夏道はわかりません。踏み抜きが嫌で敢えて岩の出ているところを歩く。

P1070201.jpg
唐沢小屋。カップルさんとはここでお別れ。

P1070202.jpg
ガレ場トラバース。ザラメ雪でズボズボ潜ります。

P1070204.jpg
樹林帯は安心と信頼の日光マークを頼りに歩きました。このルートを下ったのはだいぶ前なので記憶が曖昧。踏み跡の痕跡はあるもののトレースはなし。ピンクテープがこんなに心強かったのは初めて。

P1070208.jpg
いったん雪がなくなり、ここでアイゼンを外す。ここの手前の岩とコメツガの急な下りで腰まで盛大に踏み抜く。ピッケルで足を掘り起こし脱出。足が抜けないままで足が攣って焦りました。

P1070211.jpg
黒岩が見えてちょっと安心。

P1070213.jpg
雲竜渓谷がちらっと見えました。

P1070215.jpg
八風。まだまだ先が長い。

P1070218.jpg
バスの心配はないのですが、暗いスギ林を歩くのが嫌。ヘッデン準備して先を急ぐ。

P1070220.jpg
何とか完全に日が落ちる前に行者堂に到着。

疲れました、本当に。踏み抜き地獄は精神的にきます。一応、途中から足を出す前にストックで確かめてたんですけどね。天気も悪くて眺望なし。視界が悪く、ルートが分かりにくい。修業のような1日で、いろいろと勉強になりましたw。雪山は当分ゴメンだと思ったのですが、たぶんまた行っちゃうのでしょう。女峰山は天気が良い時には最高に眺めが良いので、初夏の頃にでも帝釈山、小真名子、大真名子と繋いで歩きたいですね。

大日尾根から社山

P1060584.jpg
黒檜岳への分岐から社山。

1/10(日)登山:奥日光
8:49中禅寺温泉バス停~9:04歌が浜~10:13阿世潟~10:19大日尾根ショートカット取り付き~11:28 1557mP~12:13 1633mP~13:21社山(1826m)~14:15阿世潟峠~14:31阿世潟~15:26歌が浜

今年もまた冬の社山に登ってきました。毎回違うルートで登っていますが、今回は大日尾根から登り、阿世潟へ下るコースです。大日尾根とは阿世潟から中禅寺湖沿いを北西に少し行ったところにある大日崎から社山へと続く尾根です。今回登ったのは正確には尾根の末端からではなく、途中のショートカットの尾根から登りました。ネットで調べるとそこそこ山行記録が見つかります。自分は藪漕ぎを楽しめる境地にはまだ至っていないので、障害物が少なく先を見通しやすい積雪期に登ってみることにしました。

P1060539.jpg
歌が浜。名物のつららがぼちぼちできてました。この時点では晴れ間もありそこそこの良い天気。

P1060545.jpg
社山。旧イタリア大使館別荘の北側に解体した旧英国大使館別荘を復元するみたいですね。

P1060546.jpg
中禅寺湖周辺はまだ雪は少なめです。この遮断機を見ても雪の少なさが分かると思います。

P1060550.jpg
大日崎方面。

P1060552.jpg
大日尾根ショートカットコースの取り付き。阿世潟から2つ目の橋のすぐ左手です。

P1060554.jpg
最初はなだらかで積雪は薄く10、20cmくらい。

P1060555.jpg
振り返って。徐々に勾配が増しますが、気持ちの良い尾根です。

P1060561.jpg
1557mピークの一つ手前のピークに出ました。

P1060565.jpg
1557mピークへの登り。稜線に出ると積雪は約3、40cmに増えました。大日尾根はトレース、赤リボンは無し。動物の足跡はいっぱいでしたが。

P1060567.jpg
束の間の平坦部分。

P1060569.jpg
シュカブラ。雪質はモナカ状態で歩き難かったです。アイゼン装着で歩きましたが、ワカンを使用したほうが歩きやすいかも。スノーシューは傾斜がきついところが多いからどうでしょうね。

P1060570.jpg
社山が見えてきました。

P1060572.jpg
1633mピークへの登り。ここはかなりの急勾配です。

P1060575.jpg
きつかったー。

P1060573.jpg
1663mピーク付近。この辺りは吹き溜まりを踏み抜くと腿まで潜ります。

P1060578.jpg
ネットで他の方の記録を見ると、この辺りは地上の楽園かというぐらい気持ちが良い場所らしいのですが、私はあまり景色を見る余裕がありませんでした。風がかなり強い。

P1060579.jpg
鹿軍団のトレースはあまり役に立ちませぬ。落し物も多いしね。

P1060585.jpg
黒檜岳への分岐を下り社山直下の鞍部に出ました。ここは風の通り道なので雪がありません。

P1060588.jpg
山頂直下のコメツガ?の樹林帯が見えてきました。ここまで来たらひと安心。

P1060589.jpg
振り返って黒檜山方面。まだ歩いたことがありません。春になったら行ってみたい。

P1060591.jpg
安心の日光印。

P1060592.jpg
社山山頂南側の展望台。なんかいつの間にか吹雪いてますw。たまらずハードシェル、バラクラバ装着。

P1060597.jpg
あまりにも風が冷たいので、登頂の余韻に浸る間もなく、アンパン一つだけ食べて退却。

P1060600.jpg
阿世潟峠からの一般コースは雪は少なめでした。トレースはしっかりあり、凍結箇所に気を付ければアイゼンなしでも大丈夫そう。この日は日差しが出たり、吹雪いたりと変わりやすい天候。突風が吹いて耐風姿勢を何度かとりました。

P1060606.jpg
男体山と歩いた大日尾根。

P1060607.jpg
振り返って社山。

P1060609.jpg
正面の中禅寺山方面。

P1060610.jpg
下りは早いぜ。

P1060615.jpg
帰りの湖岸歩きはちょっとだるい。この日出会った登山者は1名のみ。天気悪かったからかな。

P1060621.jpg
歌が浜到着。本格的に吹雪いてきました。

帰り際に日光レイクサイドホテルの温泉で体を温めました。日光レイクサイドホテルはリニューアルの為に2015年一杯で一時営業停止するらしいです。ここの温泉は日光湯元温泉からの加温なしの引き湯でなかなか良いお湯です。再開時期は未定だそうですが、絶対にきれいになって再開してもらいたいです。

天気予報ではもうちょっと良い天気なはずでしたが、1日中風が強く荒れ気味な天候でした。でも耐寒訓練、装備の点検をできたという点では良かったかもしれません。大日尾根は噂通りに良いルートでした。所要時間も阿世潟から登るのとさほど変わりません。大日尾根から社山、そして阿世潟へ下る周回コースは眺望に関しては奥日光でも屈指のコースじゃないでしょうか。無雪期の好天の日にまた歩いてみたいと思います。日が長くなったら黒檜岳へ向かうのも良いかもしれませんね。

奥日光の紅葉は終盤戦

kawamata 066
川俣湖にて。

10/25(土)自転車:(輪行)JR日光駅~いろは坂~中禅寺湖~半月峠~光徳牧場~山王林道~川俣湖~瀬戸合峡~川治湖~鬼怒川~JR今市駅(輪行)

走行距離130kmくらい

奥日光の紅葉は先週末くらいが見頃だったようですね。今現在は中禅寺湖がピークをやや過ぎ、いろは坂が見頃かなといった感じです。東照宮周辺もぼちぼち色付き始めていたので、やはり今年の紅葉は早いです。

kawamata 005
黒髪平から。

kawamata 002
屏風岩。下りの第一いろは坂の方が紅葉はきれいですが今日は行ってません。

kawamata 012
中禅寺湖スカイラインから富士山。

kawamata 014
山の上の方はだいぶ落葉してますな。

kawamata 015
八丁出島はまだきれいでした。

kawamata 023
中禅寺湖の湖岸はまだきれいなので遊覧船に乗ると良いかもしれません。

kawamata 031
山王林道は冬枯れの風景。これはこれで良い雰囲気です。

kawamata 033
山王林道の川俣温泉側は意外にもかなりきれいでした。

kawamata 045
紅葉の中の下りがかなり楽しかった。

kawamata 051
川俣温泉の間欠泉は調子悪いみたい。

kawamata 055
川俣湖は見頃ですな。

kawamata 072
ダムカードもらったぜ!

kawamata 071
吊橋まで行きました。観光客にあの階段はキツ過ぎるような気がします。

帰りに鬼怒川温泉でひとっ風呂浴びる予定が間違えて通り過ぎてしまい、今市まで走って輪行にて帰宅。もう紅葉はおなか一杯て感じです。来週の連休は久しぶりに山歩きがしたい。

日光に紅葉の偵察に行く

hukiwari 039
湯ノ湖の兎島。

10/12(日)自転車:(輪行)東武日光駅~いろは坂~中禅寺湖~光徳牧場~湯ノ湖~金精トンネル~片品村~薗原湖~根利~桐生(輪行)
走行距離:130kmくらい

思ったより台風のスピードが遅く、連休前半は良い天気。今年も日光に紅葉を見に行ってきました。JR日光駅に到着時はどんよりと曇った空模様。気温も低くこりゃ失敗したかなと思いました。いろは坂もガスがかかって視界不良。8時ちょいくらいの時間帯で自動車は多いものの渋滞はなし。ところが、明智トンネルを抜けたら雲ひとつない青空。奥日光マジックですな。この日は下界よりも山の上の方が天気が良かったみたいです。雲海が見られました。いろは坂の紅葉は色づき始めといった感じ。

hukiwari 007
歌が浜駐車場。中禅寺湖周辺は来週末あたりが見頃っぽい。

hukiwari 013
竜頭の滝上部の紅葉は終わりですね。

hukiwari 017
戦場ヶ原も終了かな。カラマツはまだきれいです。

hukiwari 027
光徳牧場でアイス分を補給。このあたりは落葉が進んでいました。いい時期は黄色がきれいなんですけどね。

hukiwari 034
湯ノ湖。まだ見頃でした。パッと見た感じ切込湖刈込湖コース、高山、湯滝あたりが見ごろな感じでした。

hukiwari 046
金精トンネルあたりから。黄色がいい感じですね。

hukiwari 051
湯ノ湖アップで。

hukiwari 053
金精山付近の紅葉は終了。登りでは暑くて日焼けしました。

hukiwari 054
国道120号線を下る途中、雲海が見えました。

hukiwari 055
丸沼周辺まで紅葉が下りてきてました。

hukiwari 062
吹割の滝に寄り道。人多すぎ。商売の匂いがプンプンの観光地。

hukiwari 068
でも滝自体は思ってたよりは見映えがして良かったです。南会津の塔のへつりみたいなしょぼいの(ごめんなさい)を想像していたので。

hukiwari 072
ネットでは心霊スポットとして有名らしい薗原湖。私は人が少なくて良い雰囲気だと思いましたが。

hukiwari 074
初めて根利方面へ。ここは道が広く、路面がきれいなのでとても走りやすかった。赤城山の道より眺めが良いし。ただし、抜け道らしくそれなりに交通量はあるので注意が必要。橋とトンネルが多いです。初めて越える峠道はゴールが読めないのできついです。ここのダウンヒルは非常に楽しい。

JR桐生駅まで走って輪行にて帰宅。アップダウンが多いコースで距離の割には疲れました。次回はもうちょっと頑張って草津まで行ってみようかな。