クリスマス

2012_1224jog0002.jpg
日光方面は雲が多そうだ。

久しぶりに遊水地まで10kmジョグ。ここ最近はジョグをさぼっていましたが、今期唯一参加する下野市天平マラソンが近づいてきたので、申し訳程度に走りこんでいます。

世間的にはクリスマスですね。私は一人寂しく映画「レミゼラブル」を見に行き、不覚にもラストは一人で泣いてしまいました。素直に感動できる良い映画ですよ。
スポンサーサイト

黒檜山、駒ヶ岳

P1010776.jpg
大タルミ手前の小ピークから黒檜山

登山ルート12/23(日):10:25黒檜山登山口-11:20尾根分岐-11:25黒檜山頂-12:00花見ヶ原キャンプ場分岐-12:15大タルミ-12:25駒ヶ岳-13:10駒ヶ岳登山口

好天が期待できる日曜日、行き先は奥日光と悩んだけれど結局赤城山へ行ってきました。JR前橋駅からバスであかぎ広場停留所まで。到着時は冷たい風が強かったものの、日が高くなるにつれて風は弱まりました。日中はちょっと暑いくらいで上着の必要は無し。

P1010685.jpg
登り始めはこんな感じ。アイゼン無しでも平気だけど、あったほうが歩きやすいです。

P1010688.jpg
地蔵岳と大沼。凍り始めてます。

P1010698.jpg
白くてふわふわです。

P1010705a.jpg
霧氷がいい感じ。

P1010707.jpg
青空に映えます。

P1010732.jpg
かりんとうみたい。

P1010728.jpg
尾根に出ました。積雪10~20cmくらい。道はよく踏まれて歩きやすいです。

P1010735.jpg
黒檜山頂。3連休とあって登山者は多かったです。

P1010753.jpg
山頂先の好展望の場所から。白根山と皇海山、かな?

P1010756.jpg
武尊山?間違ってたら突っ込んでください(汗)。

P1010772.jpg
小沼も凍っているかな。

P1010778.jpg
駒ヶ岳へ。だいぶ気温が上がってましたが、まだ霧氷はありました。

P1010787.jpg
駒ヶ岳山頂。

P1010792.jpg
急な階段を下ります。階段降り口にあるベンチが静かでまったりできました。

ビジターセンターに着いた時点で地蔵岳に登ろうか迷いましたが、温泉の誘惑に負けて撤収。富士見温泉で疲れを癒しました。帰りの電車の乗り換えもスムーズで早く帰宅できたし、今日は全てがうまく行った感じで、有意義な休日でしたよん。

ただ、赤城山は公共交通機関を使うと交通費がバカ高いんですよねー。うちからだと奥日光のほうがまだ安い。車が無いとそう頻繁には来られないのが残念です。

鳴虫山

P1010660.jpg
山頂から女峰山。

登山ルート12/16(日):登山口11:05-11:35神ノ主山-12:30鳴虫山13:05-13:25合峰-13:50独標-14:25高速下分岐-14:40やしおの湯

ひさしぶりに暖かい週末は、体調も久々に良い感じ。土曜日は自転車で太平山へ。今日は選挙の投票を済ませた後、日光の鳴虫山へ。

P1010666.jpg
雪はほとんど溶けてました。

この時期にしては気温が高くて、汗をびっしょりかいてしまいました。奥日光方面は快晴だった模様。前日投票をして、社山あたりに登りたかったな。

P1010675.jpg
憾満ヶ淵。「淵」って英語でアビスなのね。

山の中より大谷川沿いのほうが雪が残っています。久しぶりにやしおの湯にて疲れを取る。紅葉のオンシーズンに比べるとさすがに空いていましたね。夕方になると日光市内は人も疎ら。
東武日光駅前のみやげ屋で売っている揚げゆばまんじゅうを初めて食べてみました。塩味が効いた衣がまんじゅうの甘さを引き立てていて美味しかったです。リピーターになりそう。

年末ですな

2012_1208ueno0001.jpg

寒いし、忙しいしで今週末も自転車に乗らずじまいです。
上野の東京都美術館でメトロポリタン美術館展を見てきました。
割とこじんまりした印象。
ゴッホは良いですね。

ばいおれんす

先週末は膝がちと痛むので運動は自粛。
1日の映画の日ということで、悪の教典を見てきました。

いや~、ハスミン酷すぎです(笑)。
これは当然R15指定になりますな。
前半のサスペンス部分が弱く、ハスミンがちょっと馬鹿っぽく見えてしまったのが残念。
でも、長編の原作を力技で2時間に収めたのはさすがの三池監督。
終盤からラストまでは目が離せない展開で、見ていて非常に疲れました。
この映画は道徳を持ち出して批判するのはお門違いかと。
純粋悪の恐ろしさを感じるための映画。

その前の週はアウトレイジ・ビヨンドを見ました。
これもかなりえぐい描写があります。
前作は北野武監督にしてはサービス満点な映画で、ちょっと故伊丹十三ぽかった。
今回のは印象としてはデビュー直後の3部作に近い作風。
途中で少し冗長な部分もありましたが、おおむね良質なフィルムノワール作品かと。