雲取山 鴨沢ピストン

2013_0224kumotori0018.jpg
七ッ石山山頂から雲取山

2/24(日):9:20鴨沢バス停-9:38小袖P-10:50堂所-11:34七ッ石小屋-12:00七ッ石山-12:40奥多摩小屋-雲取山13:30(昼食)13:50-15:27堂所-鴨沢バス停16:23

有給を取って日、月と1泊で那須の茶臼岳に登る予定でした。ところが天候が最悪な様で天気図を見ると回復するか微妙なところ。悩んでいたら奥歯の差し歯が外れてしまい、これは行くなとの天啓なりーということでスパッと断念しました。月曜に歯医者に行くとして、日曜日は山に行きたい。好天の関東南部で雪があって日帰り可能なロングコースということで雲取山に決定。月曜日の風の強さを考えると大正解でした。地震もあったし。
自宅から始発で出発しても鴨沢バス停にはどうしても9時ちょい着。温泉にも入りたいし今回はちょっとあわただしい山歩きになってしまいました。

2013_0224kumotori0001.jpg
ここからスタート。

2013_0224kumotori0007.jpg

しばらくは杉林を歩きます。花粉はまだ大丈夫。雪はほとんどありませんが所々写真のような凍結箇所があります。まだ寒い午前中は注意ですね。

2013_0224kumotori0016.jpg
七ッ石小屋を登り石尾根分岐。

七ッ石山から鷹ノ巣山方面はまだ雪が多そうでした。ちょっと行ってみたい誘惑に駆られました。七ッ石山山頂は広々として眺めが良いです。

IMG_0359.jpg
ブナ坂分岐。

この辺りでコンデジのバッテリーが切れてしまいました。この後はIpod touchの汚い画像でお楽しみください(笑)。富士山もきれいに見えましたが写真があまりにひどいので…。

IMG_0362.jpg
奥多摩小屋。

ブナ坂の雪はだいぶ融けてしまった様です。奥多摩小屋から多少雪が多くなりますが、よく踏まれているので歩きやすいです。融けた雪が凍っている所があるのでアイゼンは必要だと思います。

IMG_0364.jpg
小雲取山への登り。気持ちの良い尾根です。

IMG_0368.jpg
山頂避難小屋まであと少し。

IMG_0371.jpg
雲取山頂。

予想していたよりは体力的にきつくはなかったです。時間的にもほぼ目標通り。日光の山で多少は鍛えられたのか?到着時間が遅いこともあって山頂を独占。しかし、バスの時間が心配なのでパンを食べてさっさと下山です。

IMG_0382.jpg
帰りは巻道を利用しつつ。

IMG_0387.jpg
お疲れ様、俺。

意外と時間に余裕を持ってバス停に帰ってこれました。極端に雪が多くなければ暑い時期より楽に歩けるのかもしれませんね。帰りはJR奥多摩駅近くのもえぎの湯で入浴。天然温泉でお肌つるつるの良いお湯でした。
雲取山は次回は秩父側の三峰神社から登ってみたいです。奥多摩小屋のテント場で1泊してのんびり歩いて帰りに温泉に寄るってのが良いかも。奥多摩の山、なかなか奥が深そうですな。
スポンサーサイト

定番コーストレ

2013_0217yuusuiti0003.jpg
風が強い為に渡良瀬遊水地は360度山がきれいに見えました。

2/17(日)自転車:遊水地~太平山~琴平神社~唐沢山~ぶどう団地~遊水地

強風が吹き荒れる週末。土曜日はさすがに自宅待機。日曜日は若干風が弱まったので久しぶりに定番コースでトレーニングしてきました。
走り始めはかなり寒いものの慣れればなんとかなるもんです。
太平山で引き返すつもりが、調子がよかったのでぐるっと1周してきました。
何だかんだでツールド草津まであと2ヶ月になってしまったので、そろそろ本気を出す!かも。
余談ですが唐沢山レストハウス駐車場は猫多すぎです。
有名ぬこスポットになりつつありますな。

ロードバイク再開

2013_0210yanakako0008.jpg
渡良瀬遊水地の谷中湖は干し上げ中。

約1ヶ月ぶりにロードバイクに乗る。
渡良瀬遊水地の中をふらふらと。
久しぶりのロードバイクは軽やかだ。
雪山を息を切らしながら一歩ずつ進むのも楽しいが、
軽くペダルを回すだけで風を切って進むロードバイクもまた楽しい。
さて、来週末はどこに行こうかな。

ちょっとポエム風に(笑)。

半月山から茶ノ木平へ

P1020113.jpg
半月山展望台にて。

2/9(土)栃木県日光市:8:50中禅寺温泉BT~9:10歌が浜P~9:45狸窪~八丁出島~11:40中禅寺山~12:35半月山展望台~13:25半月山~14:00中禅寺湖展望台~14:45茶ノ木平入口~16:00茶ノ木平明智平分岐~16:50中宮祠 ※休憩等を含む

ここ1週間ほど風邪による胃腸炎で体調を崩してしまい、3週間ぶりの登山です。去年途中でリタイアしたコースをリベンジ。
東武日光駅に到着した列車は登山客が何故か多い。ほとんどが奥日光に行かないバスに乗っていたので、おそらくは雲竜渓谷に向ったと思われます。雲竜渓谷は年々メジャーになって観光スポット化してきましたな。最近ではツアーがあるくらいです。天気が良ければ楽しいハイキングでしょうが、ひとたび荒れると女峰山の懐ですから厳しい環境でしょう。装備不十分な観光客の事故が起こらなければよいのですが。

P1020081.jpg
狸窪。前回来た時より雪が多い。

P1020085.jpg
八丁出島付近から中禅寺山へと続く尾根から登りました。

去年狸窪から登った時は谷から登ってしまい大変でした。途中から今回歩いた尾根に乗りましたが。今回は雪が多いと予想してワカンを付けて登り始めると、尾根上は風で飛ばされたのか雪が少ない。しかも雪の下がアイスバーン状に凍っていたりするのでアイゼンに履き替えました。勾配はきついです。ちなみに夏道を忠実に辿ると、谷に沿ってトラバースしつつ登っていくので雪崩や滑落が心配。どうなんでしょう?

P1020090.jpg
稜線に出た。

ここでカップルさんと会い情報交換。この先雪が深いとのこと。

P1020093.jpg
半月峠。

半月峠から中禅寺スカイラインまではスノーシューのトレースがあるのでツボ足で問題なしでした。昼前後の時間は風が全く無くポカポカ陽気。展望台でまったりと昼食。ここから下りに備えて念のために再度アイゼン装着。

P1020120.jpg
半月山からスカイラインへの途中。トレース無かったらきついかも。

P1020119.jpg
東側の所々に雪庇あり。

P1020122.jpg
スカイラインの展望台。奥が狸山。

去年来た時は狸山でリタイア、スカイラインを下りました。迷ったものの狸山へ。去年同様にトレースが全く無く何気にきつい登りです。再度ワカンを装着。アイゼン、ワカンを付けたりはずしたりで時間をロスしすぎたのが今後の課題です。

P1020129.jpg
茶ノ木平。

一度スカイラインを横切って茶ノ木平への遊歩道へ。勾配は緩やかなもののこの辺りが今日で一番雪が多かった。スノーシューの皆さんはスカイラインから半月山までの方がほとんどの様でトレースほぼ全くなし。茶ノ木平はワカンありで膝くらいのラッセルで苦しい戦い、てゆーか茶ノ木平広すぎ。

P1020131.jpg
ヘロヘロの常態でなんとかミッションコンプリート。

茶ノ木平は今回初めて歩いたのですが、積雪期はトレースがないとコースが分かりにくいですね。ケーブルカー跡地のちょい西側からの尾根下りは夏道だと却って危なそうなので、積雪十分なら案内板の先の尾根を直滑降したほうがよいです。さすれば日光レイクサイドホテル裏の墓場にたどり着けます(笑)。

楽しみにしていた湖畔の湯は3連休の混雑の為、営業時間短縮で間に合いませんでした。まるごと日光フリーパス特典のコーヒーとチーズケーキだけ頂きました。日光は雪祭りイベント開催中で中禅寺温泉BTで何かのライブをやっていたようで、雪景色には不釣合いなアフリカンビートが夕暮れの中禅寺湖に鳴り響いていてシュールな感じでした。