秋の気配

8/25(日)自転車:渡良瀬遊水地~太平山~琴平神社~唐沢山~遊水地
DST80km Time3h30min Avg.22.9km/h

赤とんぼが飛び始めましたな。

スポンサーサイト

白馬三山縦走(後編)

P1030317.jpg
不帰瞼。

8/13(火)~8/15(木)登山:白馬三山縦走

8/15(木)3日目:5:15天狗山荘-5:34天狗の頭-6:05天狗の大下り-6:45不帰キレット-7:16不帰1峰-8:30不帰2峰-8:41不帰2峰南峰-8:50不帰3峰-9:25唐松岳(2,696m)-11:30八方池-12:30黒菱平 行動時間5時間15分

前編はこちら

hakuba 058
ガスガスな中、出発。
夜は風が強く、テントがかなりバタついていました。朝はガスに包まれて視界が悪く、風が強め。とりあえず雨さえ降らなければ大丈夫だろうと出発。寒いので3枚着込みました。

hakuba 064
すぐに天狗の頭に到着。
ここからは標識などはほとんどありません。踏み跡はしっかりしていますが、赤ペンキマークは見落とさないようにしましょう。

hakuba 070
徐々に天気が回復。

hakuba 076
広々とした稜線。

hakuba 078
西側も開放感がある。

hakuba 079
五竜岳、鹿島槍ヶ岳も見えてきた。

hakuba 085
ここから天狗の大下り。

hakuba 086
鎖場が数か所あり。鎖は必要ないレベル。

hakuba 101
ガレ場は浮石が多いので、落石を起こさないように要注意。

hakuba 108
不帰キレット起点。

hakuba 114
不帰1峰。
ここまでは簡単。核心部はここを下りきったコルから。

hakuba 122
不帰2峰核心部。
思ったよりは高度感はありませんでした。足掛かりもしっかりあり、鎖もほとんど使う必要はありません。ただ、岩が脆いところがあるので、落石を起こさないように要注意。朝の天候が嘘のように、晴れて暑くなってきました。

hakuba 127
はしごを渡る場所あり。

hakuba 128
西からの巻き道から2峰。

P1030327.jpg
2峰北峰から南峰方面。
予想外にあっさりと通過して拍子抜け。人が多いときはすれ違いで時間が掛かりそうです。しつこいようですが、落石だけは起こさないように注意。ヘルメットを着けている人は少数派でしたが、あったほうが良いとは思います。

P1030325.jpg
天狗の大下り。こうしてみるとかなり急です。

hakuba 143
不帰2峰南峰はすぐ。

hakuba 142
不帰2峰北峰を振り返る。

hakuba 148
不帰3峰は西に巻きます。

hakuba 161
この辺りは眺望が良い。

hakuba 168
唐松岳はもうすぐ。

P1030341.jpg
唐松岳山頂。
剣岳、立山が真正面。風もなく、気温も丁度良い感じで気持ちが良かったです。

P1030336.jpg
不帰キレットを振り返る。

P1030333.jpg
五竜岳が威風堂々。

P1030347.jpg
唐松沢の雪渓。

P1030350.jpg
唐松岳頂上山荘。テント場の下のほうは大変そうだ。

P1030356.jpg
こうして見ると、なかなかカッコイイ唐松岳。
後は下るのみ!

P1030361.jpg
唐松岳頂上山荘から八方池までは登ってくる人が途絶えません。こんにちわ攻撃を連発してやったぜ!

P1030362.jpg
丸山ケルンから不帰キレット。
あそこを歩いてきたかと思うと感慨深い。

P1030375.jpg
ハイスピードで下るが、道を譲るばっかでペースが上がりません。

P1030383.jpg
ここが噂の八方池か…。

P1030384.jpg
JRのポスター等でよく見る位置から。残念ながらガスり気味でした。
それにしても、すごい人の多さでした。ちょっとげんなり。

hakuba 175
最初のリフトはパスして歩きました。
ここは人が少なくて良い。夏っ!って感じです。
黒菱平からは強制的にリフトとゴンドラで下山。下界はクソ暑い。

hakuba 176
バスターミナルから見て余韻に浸る。
下山後に第二郷の湯の温泉で汗を流す。狭いけど、お湯がぬるぬるな肌触りでよいお湯でした。空いていて雰囲気も第一郷の湯よりこっちのほうが好みです。
時間つぶしにバスターミナルで食べたりんご味のアイスが美味しかったです。おすすめ。
という訳で、白馬三山縦走を無事終えました。3日間通して天候に恵まれて、山の上では涼しく快適に過ごせました。もう1日予定を延長したかったくらいです。白馬は余裕のある日程でのんびり歩くのが良いと思います。今度訪れる時は違うコースで、できれば人の少ないコースを歩きたいですね。

白馬三山縦走(前編)

P1030136.jpg
白馬岳をめざして。

8/13(火)~8/15(木)登山:白馬三山縦走

8/13(火)1日目:11:00栂池自然園11:00-12:00天狗原-13:35乗鞍岳-14:10白馬大池 行動時間3時間10分
8/14(水)2日目:5:05白馬大池-7:30小蓮華山-8:20白馬岳(2,832m)-9:10白馬頂上宿舎-10:22杓子岳(2,812m)-11:50白馬鑓ヶ岳(2,903m)-13:10天狗山荘 行動時間8時間5分 *休憩を含みます。

今年のお盆休みは白馬三山縦走をしてきました。ようやく天気も安定して夏山シーズンらしくなってきましたね。

P1020931.jpg
天狗原で昼飯。
ゴンドラとロープウェイを乗り継いでスタートの栂池自然園へ。山の上のほうはガスって天気はいまいち。

P1020961.jpg
雪渓が一か所あり。
短いのでアイゼンの必要はなし。

P1020969.jpg
乗鞍岳へ。
ハイマツの生い茂る開けた一帯に出れば、乗鞍岳はすぐです。ライチョウの生息地。

P1020986.jpg
白馬大池に到着。
岩のゴーロ帯を下ります。

P1030007.jpg
ハイシーズンなのでさすがにテント場は満杯。
14:00の到着でかなり埋まっていました。仕方なくトイレ前にテントを設営したのですが、これが後に悲劇を招くことに。

P1030019.jpg
夕方からは青空に。

P1030026.jpg
お花畑はまだきれいです。

P1030041.jpg
夕暮れ。
雪倉岳から朝日岳への稜線がきれいでした。蓮華温泉方面へちょっと行ったところに座りやすい岩があって、夕暮れ時の眺めがとても良いです。

P1030059.jpg
出発。
テントがトイレの前ということもあり、夜中も人の往来が多くて気になって寝不足気味。さらに、朝のテントの撤収時に、フライに直径1㎝くらいの穴が開いているのを発見。丸く焦げた跡だったので、トイレに行く人が歩きたばこをしていたのではないかと思います。腹立つ…。気を取り直して、2日目のスタート。

P1030075.jpg
小蓮華山へ。
ここからは気持ちの良い稜線歩きです。

P1030103.jpg
これから向かう白馬三山。テンション上がりますな。

P1030118.jpg
天気最高です。

P1030124.jpg
小蓮華山山頂。雪倉岳方面へはいつか行ってみたい。

P1030125.jpg
大池もまた違った印象。

P1030148.jpg
三国境。

P1030172.jpg
お花畑もあります。

P1030170.jpg
立山、剣岳がはっきり。

P1030173.jpg
白馬岳はもうすぐ。

P1030179.jpg
白馬岳山頂から。

P1030183.jpg
大雪渓。人の行列が見えます。

P1030189.jpg
これから向かう杓子岳と白馬鑓ヶ岳。

P1030214.jpg
開放感が溢れる眺め。
この辺りまでは前回来たときに歩きました。ここから先は初めてのコース。

P1030196.jpg
お花畑あり。

P1030217.jpg
杓子岳へ。人工物みたい。

P1030218.jpg
杓子岳山頂への登りはガレガレなので要注意。特に下る場合は。

P1030220.jpg
白馬岳。見る角度によってだいぶ印象が違います。

P1030224.jpg
信州側はスパっと切れ落ちているので注意。時々、大雪渓へ落石があるのを肉眼で確認できます。

P1030233.jpg
次は鑓へ。

P1030240.jpg
振り返って。すごい眺めだ。

P1030242.jpg
山頂へ。登りは遠景の見た目ほどはきつくはないです。

P1030257.jpg
白馬鑓ヶ岳山頂。
前日の寝不足もあり、この時点でかなりへばっていました。

P1030253.jpg
白馬岳、杓子岳。

P1030262.jpg
天狗山荘、鑓温泉分岐方面。

P1030263.jpg
逆から見るとやはり印象がだいぶ違います。

P1030288.jpg
ふーぅ、やっとこさ到着。思ったより消耗しました。

P1030292.jpg
テント場から。
天狗山荘は場所が中途半端な位置にあるためか、ハイシーズンなのに混んでいませんでした。山小屋泊の方に聞いたら、ひとりで布団2人分のスペースを使えたとか。テント場もお隣との間隔に余裕がありました。眺めは良いし、水場の水は豊富だし、売店も充実だし、トイレもきれいだし、お花はいっぱい咲いてるしで、穴場としてお勧めできる山小屋ですな。

P1030306.jpg
最後の締めはやはり夕日。

長くなりましたが、1、2日目が終了。天候に恵まれて白馬らしい景色を堪能しました。3日目は不帰キレットから唐松岳、そして八方尾根へ。詳しくは後半に続きます。後半はこちら

自分用メモ

8/11(日)自転車:渡良瀬遊水地~ぶどう団地~林道広戸・三谷線~太平山~遊水地
DST66km Time2h43min Avg.24.5km/h

今年一番の暑さ。もはや朝方しか走れませんな。

鳳凰三山に登る

P1020826.jpg
観音岳へ。

登山:南アルプス、鳳凰三山
8/2(金):JR甲府駅-10:35夜叉神峠-14:40南御室小屋(テント泊)
8/3(土):6:00南御室小屋-7:10薬師岳(2,780m)-7:53観音岳(2,840m)-9:17地蔵ケ岳(2,784m)10:45-11:05鳳凰小屋-ドンドコ沢コース-14:32青木鉱泉

初の南アルプス、鳳凰三山に登ってきました。

P1020707.jpg
夜叉神峠登山口。市街地は晴れていましたが、山の上は天気が下り坂。

P1020711.jpg
ほどなく夜叉神峠。残念ながら展望なし。

P1020726.jpg
うっそうとした森の中を歩きます。あまり展望がないのでもくもくと歩く。

P1020759.jpg
南御室小屋に到着。テントを張っていると雨が降り出しました。夜中まで降ったり止んだり。

P1020761.jpg
夜明け。天気は良さそうだ。

P1020763.jpg
テント場。この日は20張りくらい。水場の湧水が冷たくて美味しかった。展望は無し。

P1020773.jpg
小屋からしばらくは林の中を歩きます。稜線に出ると白峰三山がお出迎え。

P1020775.jpg
北岳カッコイイ!

P1020790.jpg
地面には白い砂礫。

P1020797.jpg
歩いてきた尾根を振り返って。富士山方面は残念ながらガスってました。

P1020801.jpg
タカネビランジだそうです。

P1020814.jpg
砂払岳のあたり。

P1020817.jpg
薬師岳山頂。好展望で広い山頂。のんびりしたい場所。

P1020822.jpg
いるか?

P1020823.jpg
観音岳へ向かいます。景色が最高です。

P1020843.jpg
観音岳山頂。岩だらけで狭い。

P1020849.jpg
甲斐駒ケ岳。遠くに見えるのは北アルプス、槍ヶ岳?

P1020853.jpg
地蔵ヶ岳方面。

P1020884.jpg
オベリスク。だんだんガスってきました。

P1020897.jpg
オベリスクの上から賽の河原。オベリスクは1番上まで登れました。チャレンジは危険なので自己責任で。

P1020904.jpg
下りに突入。富士山の砂走りの様です。

P1020924.jpg
南精進滝。滝はどれも見ごたえあり。ドンドコ沢コースは石が滑りまくりでした。登りでの利用推奨コースです。

P1020926.jpg
青木鉱泉。残念ながら時間の都合で入れず。

天気予報では週末の天候は微妙でしたが、2日目の朝の稜線歩きは快晴で狙い通り。テント泊はガスが上がってくる前に行動できるのが良いですな。白い砂と巨大な岩が織りなす風景はとても素晴らしかったです。結構アップダウンはあるので決して初心者向きとは言えませんが、難しいところはないので体力勝負ですな。
お盆休みは白馬をテント泊で予定してますが、北岳にも登りたくなってしまった。どーしよーかなー。


自分用メモ

8/4(日)自転車:渡良瀬遊水地内 DST33.6km Avg.27.8km/h Time1h12min

電車にて

南アルプスの鳳凰三山へ登山に行ってきました。詳細は後日記事にしますが、今回は帰りの電車内での出来事について。
立川駅のホームでホリデー快速富士山を待っていました。ホリデー快速富士山は季節限定で河口湖駅と小山駅を直通で運転している快速列車です。6両中1台の指定席列車を除く自由席列車は乗車券のみで乗れるので、非常にお得です。車両は昔のあずさのが使われていて懐かしい感じです。

ホームでは私を含めて5人ほど待っていました。ドアが開き、誰も降りてこないので当然順番に乗り込みました。すると、30代~40代くらいのおばさん4人グループが喋りながら客席からデッキに出てきました。当然、乗ってくる人と鉢合わせ。最初の3人は「降りられないわ~」と喋りつつ隣の車両へ移動、最後の一人が我々に向ってこう吐き捨てるように言いました。「くぉいつらー、ルールも守れねーのかよぉー」。私は耳を疑いましたね。さすがにこのときは何か言おうと思いましたが、言っても無駄そうなので止めときました。

このBBAのいうルールとは「降りる人間が優先」ということで、このルール自体は間違っていません。ただ、これには条件があります。それは「降りる人はすぐに降りられるように、駅に着く前にドアの前で待っていなければならない」という条件です。そうしないと乗る人が乗れないので当然ですよね。誰も降りてこないのに、降りる人を待っていたら滑稽です。新幹線や特急列車は停車時間が短いのだから、なおさら降りる駅に着く前にドアの前で待っているべきです。駅に着いてからデカい尻を持ち上げて、グループでお喋りしながらちんたら降りてくるBBA共のほうが余程ルール違反です。

こんなこと他人に言われなくとも、普段から電車に乗っていれば分かる常識でしょ。そんなことも分かってない人がルールを自分に都合の良いように持ち出して文句言うのはチャンチャラおかしい。大体、子供がいてもおかしくない年齢の女性が使う言葉使いじゃないよ。こうやって、親から子にバカの連鎖が繋がっていくのでしょうな…。