リハビリ練

nagasaka 001
長坂林道は一応通れるみたいでした。

5/25(日)自転車:渡良瀬遊水地~唐沢山~長坂林道~太平山~遊水地
走行距離75km 走行時間3時間18分 Avg.22.9km/h

腰の具合がようやく良くなってきたので自転車を再開。まだ少し痛むものの自転車に乗るのには差し支えなしです。ヘルメットも新調したし(ストラディバリウスHESです)、来週からはツールド美ヶ原に向けてガシガシ坂を登っていくぜ。

スポンサーサイト

赤城山HCにエントリー

無事エントリーできました。去年の反省を生かして、パソコンの前で正座して20:00まで待機。開始から20分で定員に達したみたいで、なんか過剰に人気していますな。腰の状態がまだ良くないので早く直さねば。

金精峠まで

okunikko 018
湯ノ湖にて。

5/11(日)自転車、日光:渡良瀬遊水地~例幣使街道~古峰原街道~小来川~滝ヶ原峠~清滝~いろは坂~湯ノ湖~金精峠~(往復)
走行距離約213km(サイコン計測ミスの為)

GW明けの週末はどこも空いているだろうと遠出を計画。南房総、渋峠などを検討しつつ結局は行き馴れた日光へ。今回は行き返り往復自走を目標に朝5時半に出発。

okunikko 002
新緑の季節の古峰原街道は走っていて気持ちイイ。

okunikko 003
久々の滝ヶ原峠はやはりきつかった。

okunikko 005
いろは坂はそこそこの交通量。ミツバツツジがぼちぼち咲いていました。

okunikko 009
戦場ヶ原はまだ冬枯れの景色。

okunikko 011
湯滝は観瀑台が新しくなっていました。

okunikko 010
湯滝前になぜかヤマザキショップがオープン。品揃えは今ひとつですが、パンやゼリー飲料、カロリーメイトなどはあるので補給に使えますね。

okunikko 014
湯ノ湖はまだ雪深い白根山方面の遠景と相まって良い雰囲気でした。天気はイイし、人は少ないし最高だったな。そういえばこの日は自転車をあまり見ませんでした。

okunikko 017
時間がないので足湯で我慢。あたたまる~。

okunikko 019
金精峠では最初の10%でちょっと足が攣り気味に。

okunikko 027
お決まりのショット。金精山への急登の登山道はアイゼン必須な感じでした。残雪多し。

okunikko 028
帰りも滝が原峠経由で。小来川への下りが気持ち良い。でも、以前にここで鹿とぶつかりそうになったんですよねw。

帰りは黒川沿いで鹿沼市街地へ。お土産に黒田養蜂園で蜂蜜を購入。しかし、順調だった今日1日に最後に味噌が付いてしまいました。西方あたりの陸橋の下りで派手に落車。腰を強打、上半身裂傷多数。ジャージとアームカバーがぼろぼろ、ヘルメットのシェルが割れる。死ぬかと思った。自転車は幸いSTIレバー破損、バーテープ破れぐらいで済みました。病院に行ったら一応骨には異常がないみたいでよかった。擦り傷のやけどが酷くてしばらくは風呂に入れなさそうです。久しぶりの1日200kmオーバーだったので疲労で注意力が散漫になっていたかも。安全走行への意識をもう一度引き締め直せ、ってことですかね。

尾道散歩

P1050412.jpg
坂の向こうに渡船。

5/2(金)自転車:しまなみ海道ツーリングのおまけ

しまなみ海道を縦走後、少し時間があったので尾道の街を散歩してきました。千光寺行きのロープウェイが終了していたので、乗り場前のバイクスタンドに自転車を停めさせてもらい歩いて登りました。尾道市内は駐輪規制が厳しく、道も広いとは言えないので自転車で移動するにはちょいと不便です。

P1050381.jpg
尾道と言えば坂ですね。

P1050389.jpg
猫が多かったです。

P1050406.jpg
三重の塔。古い寺が多く残されています。

P1050393.jpg
千光寺本尊。時間が遅かったので拝観できませんでした。

P1050396.jpg
尾道大橋と新尾道大橋。

P1050400.jpg
向島との間の尾道水道。駅の目の前が海なんです。

P1050405.jpg
渡船の交通が激しいですな。

P1050413.jpg
入り組んだ狭い路地。

P1050416.jpg
人馴れしているものの、かまってもらえませんでしたw。

しまなみ海道ツーリング その2

P1050329.jpg
生口島にて。

5/2(金)自転車:今治市~サンライズ糸山~大島(~亀老山展望公園)~伯方島~大三島(~大山祇神社)~生口島~因島(~白滝山)~向島~尾道(市内観光)~輪行(岡山からサンライズ瀬戸)
走行距離約105km 走行時間4時間54分 所要時間約8時間 Avg.21.5km/h

今治市内のビジネスホテルに前泊して、翌日いよいよ待望のしまなみ海道へ。予想最高気温26℃で初夏の陽気。

P1050263.jpg
スタート地点のサンライズ糸山。
平日でしたがそこそこ人がいました。朝8時半の時点で自転車のレンタルも可能だったようです。橋の通行チケットであるサイクリングクーポンを250円で購入。

P1050264.jpg
1本目の来島大橋。でかい。

P1050269.jpg
海がきれいだ。

P1050280.jpg
自転車と歩行者用のループ橋。

P1050284.jpg
来島大橋はカッコええのう。

P1050285.jpg
よしうみいきいき館から亀老山展望公園を目指します。

P1050286.jpg
こんな感じの登り。距離は短いけど勾配は平均8%くらいだそうです。

P1050293.jpg
展望台からの眺めが良いですな。

P1050298.jpg
島の中央の峠を越えると宮窪瀬戸の潮流。川みたいに潮の流れが速い。

P1050301.jpg
2本目の伯方・大島大橋。

P1050302.jpg
料金所はこんな感じ。箱にクーポンをちぎって入れます。

P1050305.jpg
伯方島の伯方ビーチ。う~ん、南国チック。

P1050306.jpg
は・か・たの塩♪のソフトクリーム。伯方島は今回はサクッと通過。

P1050309.jpg
3本目の大三島橋をわたって大三島へ。橋へのアプローチ途中の新緑がどこの橋もきれいでした。

P1050313.jpg
ホントに水の透明度が高くて海がきれいですな。

P1050314.jpg
多々羅しまなみ公園。賑やかな道の駅です。柑橘類の販売が充実で安い。

P1050318.jpg
大山祇神社に立ち寄り。
道中ちょっと坂があります。定番のヘルメットお守りを購入。有名店の大漁は大行列で断念。せとうち茶屋で昼食をとったけどけど今ひとつな感じ。

P1050323.jpg
4本目の多々羅大橋。鳴き竜をやるの忘れてた。

P1050325.jpg
大三島方面。

P1050331.jpg
お隣の高根島と生口島を結ぶ高根大橋。
生口島は前半のサンセットビーチという海沿いの道が気持ち良かったです。後半は観光スポットが多そうでした。

P1050337.jpg
5本目の生口橋。だんだん橋マニアの気持ちがわかってきましたw。

P1050339.jpg
海沿いの建物や船も増えてきました。

P1050340.jpg
各橋へのアプローチにはこのような休憩・展望スポットが多くあります。

P1050345.jpg
白滝山への登り。
因島ではせっかくなのでプチ登山をしてみた。白滝山226・9m。表参道駐車場までは激坂。普通はフラワーパークの方から行くみたいです。

P1050352.jpg
山頂の五百羅漢。

P1050357.jpg
勝手に鳴らしてみたらめっちゃ音が響いて気持ちイイ!でも、マズかったのかなw。

P1050361.jpg
眺望が素晴らしい。時間に余裕があったら立ち寄ることをお勧めしますよ。

P1050367.jpg
はっさく屋ではっさく大福を購入後に6本目の因島大橋。

P1050368.jpg
橋の下を走ります。

P1050369.jpg
いよいよ本州が見えてきましたな。

P1050372.jpg
市街地に抜けると実質ゴールの渡船場に到着。

P1050373.jpg
学生さん達と乗船。
本当はもう1本尾道大橋があるのですが、そこは自転車通行非推奨なので最後は渡船で尾道水道を渡ります。

P1050375.jpg
ついにゴール!疲れました~。

P1050418.jpg
帰りもサンライズ瀬戸で。

尾道駅のみどりの窓口で聞いてみたら、運よく岡山からのサンライズ瀬戸のシングルの空きがありました。新幹線の特急券と3000円くらいの差額で乗れるので当然購入。これで尾道観光の時間が作れました。尾道観光についてはまた後日。サンライズ瀬戸のシングルはシングルデラックスと比較するとさすがに狭いですが、十分に輪行可能でした。オーストリッチ輪行袋の梱包方法ならいけますが、前輪のみ外すタイプの輪行袋だときついかもしれません。

しまなみ海道、本当に楽しかったですよ~。サイクリストに大人気なのも頷けますな。交通費が高いので気軽に行ける訳ではないのですが、絶対に再訪したいものです。各島を1周、1日で往復、途中の島で宿泊するとかいろいろ楽しみ方がありそうですね。あと、久々の西日本は風景、人、電車、雰囲気など全てが新鮮でした。

しまなみ海道ツーリング 前日編

P1050236.jpg
夕焼け小焼けラインにて。

4/30(水)、5/1(木)自転車:(輪行)~愛媛県松山駅~松山城見学~国道56号線~内子町~大洲市~伊予長浜~夕焼け小焼けライン~道の駅ふたみ~道後温泉~松山駅~(輪行)~今治(宿泊)
走行距離:約120kmくらい

毎年GWに海を見に行くのがMY慣例行事です。今年はふと思い立って愛媛県今治市と広島県尾道市を瀬戸内海に浮かぶ島々と橋で繋ぐ、しまなみ海道を自転車で走ってきました。しまなみ海道についてはサイクリストにとっては超有名サイクリングスポットなので興味のある方はネットで調べてみてくださいまし。いつもの如く無理やり有給を取って平日に行ってきました(汗)。

P1050147.jpg
東京駅22:00発の寝台特急サンライズ瀬戸。

夜行列車は何度か乗ったことがありますが(ムーンライト信州、尾瀬夜行など)、寝台列車はお初。長距離輪行だと自転車の置き場に気を使いますからね。ましてや今はGW。たまたまシングルデラックスが空いていたので奮発して寝台券を購入。

P1050146.jpg
自転車も余裕でおけます。

いや~、快適でした。狭すぎず広すぎずの絶妙な広さの空間。充実のアメニティ。デラックス専用のシャワー室有り。一晩過ごすには十分な設備です。さすがにお値段もデラックスなだけありますw。

P1050153.jpg
ラウンジから。いよいよ香川県に上陸。

ぐっすり寝てる間に四国上陸であっという間でした。坂出駅で高松駅発の特急いしづち号に乗り換えて松山駅まで。途中、岡山駅からの特急しおかぜと接続。

P1050163.jpg
JR松山駅からスタートです。

P1050165.jpg
路面電車を見たのは何年振りだろうか。

P1050166.jpg
市内の中心にドーンと松山城が見えてちょっと感激。

P1050171.jpg
リフトで上まで登ります。石垣が見事です。

P1050191.jpg
日本全国で現存する天守閣の一つ、松山城。前にいた外人さんの会話の中のニンジャーという単語が非常に気になりましたw。

P1050186.jpg
最上階からの眺めも良いですな。

ちなみに松山市内は路面電車や市電、バスなどが縦横無尽に走っておりカオスな交通状況です。地方主要都市はどこもそうではありますが。あと、自転車の走行マナーがひどいですw。学生、社会人問わず車道逆走、信号無視は当たり前。正直、自転車で観光するのには向いていない気がします。

P1050195.jpg
高知県まで続く国道56号線を南下。
昼飯は松山ラーメン、スープ甘めでまあまあかな。午後から大洲市を目指します。伊予市内を抜けると交通量も減って走りやすくなります。犬寄峠までは登りで、そこから先は大洲までひたすら下りです。

P1050221.jpg
古い町並みが残る内子町。

P1050202.jpg


P1050198.jpg


P1050225.jpg

P1050223.jpg


内子町はかつて櫨の実が原料の蝋づくりで繁栄した町です。古い建物が多く現存していて風情ある街並みです。町周辺にも見所が多そうで自転車抜きでゆっくり観光したいですな。

P1050229.jpg
肱川沿いを下流へ。

愛媛の小京都などと呼ばれる大洲市も行きたかったのですがタイムアップで断念。肱川沿いはのどかで走っていて気持ち良かった。

P1050231.jpg
長浜大橋。バスキュール(跳ね上げ) 式道路可動橋。現存して稼働可能なものの中では日本最古だそうです。

P1050238.jpg
国道378号、通称夕焼け小焼けライン。すぐ海沿いを走る気持ちが良い道。西側に瀬戸内海が開けているので夕日がきれいです。これが見たくて時間を調整して走ってました。

P1050237.jpg
かつて海にいちばん近い駅だった予讃線下灘駅。

P1050241.jpg
道の駅ふたみではTシャツイベントの準備をしていて楽しそうだった。

P1050257.jpg
リアル日曜洋画劇場。海岸線から伊予市街地に抜けるまでの登りが何気にきつかったです。

P1050261.jpg
道後温泉本館。時間がないのでパス。道後温泉ではアートイベントをやっているようで見たかったのですが、それも失念していました(泣)。

P1050262.jpg
代わりに同じ源泉の椿の湯へ。こちらは昔の銭湯のデラックス版みたいな感じでした。

このあと松山駅まで戻り、再び輪行で今治市へ。今治駅到着は23:00過ぎで駅前は閑散として寂しい感じ。結局夕飯を食べる暇なしでファミマのおにぎりで済ませたのが悲しかった。翌日に備えて早めに就寝。

初日はのんびりと観光でもしようかと考えていたのですが、せっかく遠くから来たのだからという貧乏性が発動してしまい忙しい1日になってしまいました。やはりある程度行きたい場所は絞って無理ないスケジュールを組むべきだったというのが反省点。あと、自転車で走ることと観光はある程度分けて考えたほうが良かったかも。旅の日程が限られるのなら、しまなみ海道を往復が絶対におススメです。それくらい翌日のしまなみ海道は良かった!ということでこの続きはその2で。