花の季節です

P1070123.jpg
頼母子のシダレザクラ。

3/29(日)自転車 走行距離32km

午後から買い物がてら自転車でちょっと出かけました。群馬県板倉町にある頼母子のシダレザクラは満開でした。渡良瀬遊水地の近くです。暖かくなって渡良瀬遊水地の谷中湖にはロードバイク乗りが一気に増えましたね。

P1070127.jpg
古河総合公園では桃まつり開催中。

栃木南部ではソメイヨシノが土曜日に開花。満開は来週末でしょう。来週末の天気がいまいちなのが気掛かりです。

スポンサーサイト

鞍掛山

IMG_0494.jpg
大岩から。

3/28(土)登山:栃木県宇都宮市 鞍掛山
森林公園入口バス停9:20-赤川ダムP9:57-中尾根-559P-11:20弁当岩-鞍掛山(492m)山頂13:25-鞍掛山登山口14:04-赤川ダムP14:45-15:20バス停
交通:JR宇都宮駅西口から関東自動車の路線バス(荒針 新鹿沼行き)、約30分で森林公園入口バス停下車。

読図訓練を兼ねて古賀志山方面に行ってきました。今回は古賀志山のピークは踏まずに鞍掛山へ時計回りに歩きました。久しぶりの雪なしコースの歩きは荷物が軽くて楽ちんですね。やけに軽いと思ったらカメラを忘れていました。
今回のコースは踏み跡はしっかりしています。ただ、分岐する尾根を間違えやすいので初めて歩く際は地図をよく確認した方が良いです。ネットで調べたら最近は鞍掛山方面も道標が増えているらしかったのですが、今回見た限り道標や赤テープはあまりありませんでした。先日下野新聞で古賀志山周辺の道標や梯子などが勝手に手を加えられている事案が続いているという記事を読みました。その影響でしょうか。整備されすぎるのもどうかと思いますが、安全に係わる心無いいたずらはやめて欲しいですね。
道中でかたくりを見つけたり、つつじのつぼみが膨らんでいたりと本格的に春の訪れを感じます。ただ、花粉症の症状が治まるのはまだちょっと先になりそうです。

釈迦ヶ岳

P1070075.jpg
釈迦ヶ岳山頂まであと少しの急登。

3/22(日)登山:栃木県塩谷町 高原山(釈迦ヶ岳)
守子登山口9:43-守子神社10:04-西平登山口分岐10:17-前山11:09-12:48釈迦ヶ岳(1,795m)山頂13:25-15:05守子登山口
行動時間:5時間22分
交通手段:JR東北本線矢板駅まで輪行。国道461号線、県道63号線、東荒川ダムの少し先のカフェ「風だより」の看板を右折、風だより先の分岐を右折(黒沢林道)、橋を渡ると分岐に駐車スペース。左折で守子林道先に登山口。駅から20kmちょい、自転車で1時間半くらい。

ネット上で各地の雪山の情報を集めていると、ここ数日の気温の上昇によりどこも急速に融雪しているようです。最初は雪があるうちに丹沢山、蛭ヶ岳と考えていたのですがもうあまり雪はなさそうだし、登山道が泥だらけっぽいので止め。日光白根山は交通手段が不便。那須は早い時間のバス運行開始が来月からだし。ということで比較的近場でまだ登ったことがない高原山に決定。自転車を使えば何とかなりそうだ。

P1070038.jpg
守子登山口。林道に積雪はなし。自動車は守子林道入口ゲート前にある2、3台の駐車スペースへ。

P1070041.jpg
守子神社。

P1070042.jpg
西平岳登山口分岐。

P1070044.jpg
1,100m付近から徐々に積雪。

P1070048.jpg
ミツモチ山ですかね。

P1070052.jpg
だんだん勾配がきつくなります。トレースはたくさんあります。この日はツボ足のみでした。

P1070055.jpg
前山付近に出ました。

P1070057.jpg
このコースはのんびりコースと言うらしい。結構急なんですけど。

P1070060.jpg
釈迦ヶ岳が見えてきました。この辺りから踏み抜きが酷くなってくる。

P1070067.jpg
灌木の間を抜けつつ、最後のひと頑張り。山頂直下は膝上の踏み抜きが多発。ツリーホールに要注意。

P1070077.jpg
中岳、西平岳。急勾配そうだな。

P1070080.jpg
やっと踏み抜き無限地獄から解放される。

P1070088.jpg
時間が遅いので広々とした山頂を独占。風は弱く、暖かい。

P1070089.jpg
お湯加減は如何でしょうか。

P1070091.jpg前黒山?後ろは男鹿山塊でしょうか。んー、わからん。

P1070082.jpg
鶏頂山。

P1070107.jpg
昼食がてらのんびり景色を堪能したので下山。

P1070110.jpg
ワカンがあったほうが良かったかもしれません。灌木が邪魔でシリセードやりにくいし。

途中ツリーホールで股上まで嵌ったりしつつも、下山はあっという間に。前山の分岐手前でトレースに釣られて道を間違えないように要注意。まあ下で復帰は可能ですが。
分かっていたとは言え、雪がモナカ状に腐っていて歩きづらいところが多かったです。でも、思ったよりはまだ雪がたっぷりで楽しく歩けました。山頂は広々として気持ち良かった。高原山、いいお山じゃないですか。また、緑の季節に来てみようと思います。

那須、茶臼岳

P1070026.jpg
峰の茶屋跡から茶臼岳。

2015年 3/17(火)登山:栃木県那須町 茶臼岳(1,915m)
大丸温泉10:55-ロープウェイ山麓駅11:10-峠の茶屋11:21-北面尾根取付き12:08-12:58茶臼岳山頂13:20-峰の茶屋跡13:42-14:20大丸温泉
交通:JR黒磯駅から東野交通のバスで約50分、大丸温泉バス停下車。冬季ダイヤでは往復2本しかないので注意。ロープウェイは3/20から、バスは4/1から春ダイヤで日帰りしやすくなる。

今日は訳があって休日。また明日から仕事なので軽く那須の茶臼岳に行ってきました。以前から電車とバスだと冬場は行き辛かったのですが、今年は去年よりもさらにバスが減ってしまい行きそびれていました。奥多摩の方もバスが減ってしまったし、自家用車を持っていないハイカーには受難の時代ですな。まあ、大丸温泉で降りたのは私一人だけだったので仕方がないかもしれませんが。

P1060939.jpg
大丸温泉Pまでの道路上に雪はありませんでした。ただ冷え込むと融雪が凍りそうです。気を付ければもう自転車で走れそうです。

P1060941.jpg
峠の茶屋Pから。

P1060946.jpg
この日は那須町に雪崩注意報が出ています。暑くてずっとベースレイヤー1枚で歩きました。

P1060948.jpg
お約束のです。

P1060953.jpg
雪が多いのは樹林帯のとこだけ。良く締まっているのでワカンやスノーシューは必要ない。

P1060958.jpg
風が強いので雪が少ない場所なのですが、今回は岩があまり見えません。この時期にしては雪が多めかな。

P1060961.jpg
剣ヶ峰。

P1060964.jpg
朝日岳。

P1060968.jpg
峠の茶屋跡方面。

P1060970.jpg
北面を直登してショートカットします。

P1060973.jpg
雪は締まっているので歩きやすい。途中で煙が噴出しているところがあってビビる。

P1060975.jpg
一般コースに合流。

P1060989.jpg
お釜。

P1060992.jpg
山頂。

P1060995.jpg
日光方面。ちょっとガスってしまった。

P1070003.jpg
流石山、大倉山方面。

P1070004.jpg
越後三山ですかね。

P1070007.jpg
暫しパン補給の為に休憩。風はほとんどなく暖かい。設置されていた温度計は7度くらい。

P1070010.jpg
飯豊連峰、白いですね。

P1070011.jpg
三本槍岳、朝日岳方面。4/1以降に早いバスの便が増えたら、行ってみようかな。

P1070020.jpg
バスの時間がギリなのでのんびりもしていられません。一般コースで下山。

P1070021.jpg
心なしか以前よりも勢いがあるんですけど。

P1070023.jpg
剣ヶ峰、朝日岳。

P1070025.jpg
剣ヶ峰は雪が減って落石が怖いです。

P1070034.jpg
朝日岳。剣ヶ峰側の谷の斜面にデブリあり。

P1070027.jpg
帰りは急いでいたので割愛。だいぶ雪が緩んで歩き難くなっていた。

思ったよりもバスの時間にギリギリで下山。那須湯本温泉で温泉に入ってから帰路に着きました。帰りのバスは途中から卒業旅行なのか女子大生?で満席になって落ち着きませんですた。
今回もバスの時間との戦いになってしまった。もうちょっとのんびり登山してみたい…。それにしても今日は暖かく、すっかり春山といった風情でした。

自転車で宇都宮で餃子

3/15(日)自転車:渡良瀬遊水地~国道4号線~宇都宮市内(往復)
走行距離:85kmくらい

今まで通勤で愛用していたモンテインのウインドブレーカー、ライトスピードジャケットがかなりボロボロになってきていました。そこで土曜日に宇都宮パルコで新装開店した好日山荘に行き、ノースフェイスのスワローテールフーディを購入。たぶん去年のモデルっぽい。パタゴニアのフーディニジャケットと迷ったのですが、サイズ的にノースのほうがぴったりだったのでそちらを選択。(175cm、60kgでM)
ところがMを買ったつもりが家に帰って見ると何故かL。どうもM表示のハンガーにLが掛かっていたらしい。よく確認してなかった自分も悪いけど好日は前にも同じようなことがあって、その時は買ったグローブが両方とも右だった…。
仕方がないので日曜日に自転車で交換しに行ってきました。ついでにカントウでバーテープを購入して、来らっせで焼餃子を3枚食べて、タリーズでお茶して帰路に着きました。
GWあたりに泊まりでロングライドをしたいので、自転車をぼちぼち乗り込んでいかなくては。

赤岳に登る

P1060919.jpg
地蔵の頭から。

2/27(金)・28(土)登山:長野県八ヶ岳
27日 美濃戸口11:35-12:25美濃戸12:35-14:30赤岳鉱泉(泊)
28日 赤岳鉱泉7:45-8:20行者小屋8:30-文三郎尾根-9:48中岳分岐-10:17キレット分岐-10:34赤岳(2,899m)山頂10:53-赤岳頂上山荘11:00-11:25赤岳天望荘-11:34地蔵の頭-地蔵尾根-12:14行者小屋12:42-南沢-13:34美濃戸-14:15美濃戸

交通:JR中央本線茅野駅からバスで約40分、要時刻確認。特急あずさの切符はえきねっとトクだ値で35%OFFで購入可能。

今年の冬の最大の目標であった八ヶ岳の赤岳に登ってきました。土曜日の天気が良さそうだったので有給を使って前日に現地入り。久しぶりの小屋泊です。行きのあずさは「シドニアの騎士」最新刊を読んでいたらアッという間でした。いいところで終わるなあ。

P1060772.jpg
今日は北沢から。車道の路面はガチガチに凍結しているので美濃戸口まで自動車で入るのは難しそうでした。

P1060781.jpg
北沢。雪があると歩きやすい。この日は風がかなり強かったです。稜線上は凄いことになってそう。

P1060795.jpg
週末はアイスキャンディーカップとのこと。

P1060796.jpg
赤岳鉱泉。きれいで温かくて快適でした。布団も両隣空いていました。明け方はマイナス12℃くらい。

P1060810.jpg
翌日、行者小屋。小屋が快適すぎて少々のんびりした出発。ここで最終身支度。

P1060819.jpg
テント場を抜けて文三郎尾根を目指します。

P1060823.jpg
硫黄岳。

P1060830.jpg
初っ端からかなりの勾配。

P1060832.jpg
写真じゃ分かりにくいですがかなりきつく息が上がります。

P1060834.jpg
金網階段や鎖は雪に埋もれています。

P1060836.jpg
遠くに中岳分岐が見えてきました。

P1060837.jpg
阿弥陀岳、中岳。カッコイイです。

P1060842.jpg
中岳分岐から。横岳から硫黄岳の稜線。

P1060846.jpg
阿弥陀岳、中岳。山頂直下はどう登るのかな。

P1060850.jpg
権現岳。バックに仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳、北岳。

P1060864.jpg
分岐から岩場になります。

P1060865.jpg
キレット分岐。トラバース部分から核心部か。

P1060867.jpg
稜線直下。岩は出ていないし、アイゼンも良く効くので慎重に登れば問題ないかと。ただ、かなりの急勾配で滑落するとタダじゃすまないので下りは怖そうです。

P1060869.jpg
稜線に出ました、ひと安心。

P1060878.jpg
富士山が見えますな。

P1060881.jpg
権現岳方面は厳しそうだ。

P1060882.jpg
北岳とか。オベリスクも見える。

P1060883.jpg
木曽駒方面。

P1060886.jpg
乗鞍岳方面。

P1060887.jpg
金峰山、瑞牆山。

P1060890.jpg
山頂到着。全く風がない奇跡。これならラーメン作れそうだ。

P1060889.jpg
無事に登れました、感謝。

P1060895.jpg
北アルプス。

P1060902.jpg
御嶽山。煙出てますね。

P1060898.jpg
蓼科山、北横岳、天狗岳方面。

P1060888.jpg
のんびりと景色を楽しんだので名残惜しいですが下山開始。

P1060905.jpg
赤岳展望荘へ下りて行きます。

P1060908.jpg
立山、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、白馬三山などが見えてきました。

P1060909.jpg
横岳。

P1060910.jpg
地蔵尾根のナイフリッジ。

P1060915.jpg
赤岳展望荘はカチカチ。

P1060917.jpg
横岳トレースありますね。こんだけ天気が良くてトレースあれば行けそうな感じ。てか、こういう条件の時しか私には行けないでしょう。時間的には無理でしたが。小屋で同室だった方が2名ほど歩いたみたいです。

P1060920.jpg
地蔵の頭。ここから一気に下ります。

P1060922.jpg
ナイフリッジ。入山者が多いのでトレースはばっちり。短いけど足幅一個分のトレース部分があるので慎重に。あとはモフモフの雪の斜面を一気に下ります、楽しい。

P1060925.jpg
アッという間に行者小屋。冬季は土曜日のみ営業。小屋前は嘘みたいに暖かかったのでパン休憩。

P1060932.jpg
帰りは南沢で。トレースばっちりで北沢より歩きやすいかも。

P1060929.jpg
冬の八ヶ岳、良いですね。帰りは暑いのでベースレイヤー1枚で。

土曜日は風がほとんどなく最高の天気でした。山頂からの眺めも最高。雪は例年より多めらしく、ほどよく締まって歩きやすかったです。さすがに人気の山域なのでトレースはバッチリです。降雪直後じゃなければ今の時期はワカンは必要なさそう。思ってたより難しいところはなかったですが、天候が崩れれば3000m近い山なので油断は禁物でしょう。
これからは残雪期になりますが、雪が多いうちに登りたい山がいくつかあります。少しづつステップアップして、また来年八ヶ岳の山域のどこかの山を登りたいものです。