古峰ヶ原

hurumine 005
前日光林道。

2015/5/17(日)自転車:栃木県鹿沼市
ルート:渡良瀬遊水地~太平山~県道32号線~大越路トンネル~口粟野~県道246号線~前日光林道~古峯神社~古峰ヶ原~粕尾峠~県道15号線~太平山~遊水地

走行距離153km 走行時間6:32 Avg.23.5km/h
メモ:林道横根線はまた通行止めらしい。

粕尾峠を目指してスタートするも、いつもと同じコースでは飽きるので今日はつつじの湯から古峰ヶ原経由で。つつじの湯から上はなかなかの勾配でした。県道15号よりも車が少なく、道もきれいで走りやすかったです。

hurumine 006
古峰ヶ原。つつじはまだ残ってました。

神社から古峰ヶ原までは久しぶりに走ったけど相変わらずきつうございました。前日光牧場は今回はパス。帰りは強い追い風で楽チン。新緑の中を1日楽しく走れました。

まえばし赤城山ヒルクライム、今年はあっさりエントリーできました。

スポンサーサイト

久々に大荷場木浦沢林道

himuro 006

2015 5/10(日)自転車:栃木県佐野市
ルート:渡良瀬遊水地~唐沢山~葛生~県道200号線~大荷場木浦沢林道~唐沢山~ぶどう団地~遊水地
走行距離:131km 走行時間6時間07分 Avg.21.4km/h
メモ:後輪タイヤ交換

そろそろ新緑がきれいな頃かなと思い、大荷場木浦沢林道を走ってきました。この林道は落葉樹が多く新緑がきれいなんです。紅葉も良いけどね。今日は北西の風が強く、往路は平地でヒルクライム並みの負荷でした。

himuro 005

雲ひとつない青空で気持ち良く走れました。帰り道、道の半分を折れた木が塞いでいる。行きには無かったはずなのに変だなと思ったのですが、どうやら風で折れたらしい。自動車が通れるか微妙なとこだ。すると後ろの方で今度はガラガラと崩れる音。ソフトボール大の岩が数個斜面から落ちてきました、怖っ。どっかに連絡した方が良いのかなと思いつつ、頂上付近に何台か車が止まってたので彼らが何とかするだろうと思い下山。相変わらずデンジャラスな林道です。

大倉から蛭ヶ岳ピストン

hirugatake 115
蛭ヶ岳。

5/6(水)登山:神奈川県丹沢

ルート:大倉8:11~花立山荘9:52~塔ノ岳(1,491m)山頂10:24~丹沢山(1,567m)山頂11:23~不動ノ峰12:12~蛭ヶ岳(1,673m)13:00~丹沢山14:20~塔ノ岳15:00~大倉16:25

所要時間8時間14分(休憩含む)

交通:小田急小田原線渋沢駅から神奈川中央交通バス約15分で終点大倉下車。新宿からだと丹沢・大山フリーパスがお得でした。

GW最終日は気楽に楽しく歩けそうな所ということで丹沢に行ってきました。丹沢なら登山道が良く整備されているし、標高が低い割には稜線からの眺めが良いですからね。本当は西丹沢自然教室から大倉までの丹沢主脈の一部を縦走したかったのですが、栃木県から日帰りだと電車やバスの時間が厳しい感じです。

hirugatake 006
バカ尾根おなじみの階段。

hirugatake 009
新緑がきれいでした。

hirugatake 014
花立小屋から。少し霞んでいます。最終日ということもありGW期間中では一番人が少なかったと聞きました。

hirugatake 034
塔ノ岳山頂。風が冷たく肌寒いくらい。おかげで日差しが強かった割には爽やかな気候でした。

hirugatake 043
丹沢山へと向かう。

hirugatake 045
マメザクラ?がきれいに咲いていました。

hirugatake 046
階段、木道がきれいに整備されています。

hirugatake 047
丹沢山が見えてくる。

hirugatake 052
稜線は開放的で気持ちが良いです。

hirugatake 054
下はユーシンでしょうか。

hirugatake 057
丹沢山山頂。昼飯。

hirugatake 063
手前が不動ノ峰、奥が蛭ヶ岳。

hirugatake 110
階段のアップダウンがちょっときつい。

hirugatake 106
富士山の稜線もだいぶはっきり見えてました。

hirugatake 126
鬼ケ岩から。ここからガレた岩場の鎖場がありますが、気を付ければ特に危険はありません。

hirugatake 128
宮ヶ瀬湖が見てきました。

hirugatake 133
歩いてきた道のりを振り返る。

hirugatake 142
蛭ヶ岳山頂。広々しています。

hirugatake 149
臼ヶ岳、檜洞丸方面はまたいづれの機会に

hirugatake 148
最後まで右上の雲が取れませんでしたね。

hirugatake 165
アップダウンがあるので塔ノ岳まではもうひと頑張りですな。

ピストンだったので帰路は省略。眺めが良い稜線歩きでしたが、さすがに同じ道を往復するとちょっと飽きますねw。距離が20kmちょいあるので良いトレーニングにはなりました。ルーファイを意識する必要がない登山道で頭をからっぽにして歩くのもたまには良いもんです。ここ最近の気温の高さだとそろそろヤマビルが出てきてそうな感じ。丹沢行きはまた次の冬に雪が降ってからかな。

栃木から新潟まで自転車で走る(が、ちょい失敗)

naoetsu 021
志賀草津道路、山田峠にて。

5/2、3(土、日)自転車:栃木県~新潟県上越市

5/2(土) 自宅4:00~渡良瀬遊水地4:20~渡良瀬川CR~群馬県桐生市6:24~赤城山南麓大鳥居7:45~上毛三山パノラマ街道~国道145号線~10:45道の駅屋八ッ場~草津温泉12:30~国道292号線~渋峠15:35~志賀高原~湯田中温泉付近16:40~長野市19:00 
走行距離224km 走行時間10:49

5/3(日)長野市7:30~8:00善光寺9:00~県道37号線~国道18号線~野尻湖10:45~新潟県妙高市11:10~直江津市13:40~なおえつ海水浴場~直江津駅15:15
走行距離:約80km(サイコンデータ消失)

交通:帰り 直江津駅からえちごトキめき鉄道の妙高はねうまラインで妙高高原駅まで、しなの鉄道の北しなの線で長野駅まで。計1時間半、1,500円。北陸新幹線長野駅始発あさま自由席に乗車。

今年のGWの自転車旅は栃木県から新潟県の直江津市を目指しました。できれば1日で直江津まで行こうかと。結果的には湯田中温泉あたりで力尽きました。行こうと思えば行けなくもなかったのですが、疲れているときの夜間走行の危険性を考えると無理することはないかと。不可能ではないことは分かったので、また何れチャレンジするつもりです。

naoetsu 001
朝もやの渡良瀬遊水地を出立。

naoetsu 003
渡良瀬川サイクリングロード終点、群馬県桐生市。

naoetsu 004
上毛三山パノラマ道から榛名山。何気にアップダウン多し。

naoetsu 006
吾妻渓谷への旧道に入り忘れバイパスに行ってしまった。全長1,760mあるので結構長いです。

naoetsu 007
草津町へは例によって六合経由で。

naoetsu 009
草津への入り口のとこ。ここの鯉のぼりは毎年見事ですな。

naoetsu 012
志賀草津道路。雪は例年に比べ融けるのが早かったのでしょうね。ツールド草津復活祈願!

naoetsu 019
万座温泉との三叉路と殺生石間は8:00から17:00のみ通行可能。草津白根山の火山活動の活発化の為です。結構時間ぎりぎりに志賀高原側から上ってる人がいたけど知ってるのかな。

naoetsu 024
山田峠。プチ立山状態。

naoetsu 028
上から。

naoetsu 029
国道最高地点P。自転車乗りは多かったです。

naoetsu 034
渋峠。スキー場はまだ営業してました。

naoetsu 037
渋峠ホテルの看板犬。4匹ゴロゴロしてました。

naoetsu 038
志賀高原側も小さい雪壁あり。草津側より交通量が少なくて快適。

naoetsu 040
志賀高原は25年くらい前にスキーで来て以来です、しみじみ。

道の駅北信州やまのうちに到着時点で予定変更を決意。暗くなってから妙高を越えるのは危険と判断しました。直江津のホテルをキャンセルし新たに宿を探す。GWで満室のホテルが多い中、運良く長野市内のルートインの部屋を確保。それにしても長野県の市街地の道路は自転車には不向きですな。気疲れしました。

naoetsu 056
翌日、善光寺に寄り道。7年に一度の御開帳で人大杉。外陣参拝のみさせて頂きました。ちなみに自転車は忠霊殿近くに駐輪スペースがあります。第1駐車場の警備員の方に尋ねれば、わざわざ付き添って案内されると思いますw。まあ、ちょこっと寄るくらいなら城山公園にでも置いたほうが良いかもね。

naoetsu 061
県道37号線は坂中峠の前後は短いながらヒルクライム区間。りんご畑があったりして良い雰囲気です。

naoetsu 063
峠を下ると広々として眺めが良いエリア。足に余力があるなら国道18号線よりこっちがおススメです。

naoetsu 074
国道18号線に入り、野尻湖で休憩。この先はほぼ下り基調。

naoetsu 075
新潟県に突入。この直後に久々にパンク。ガラス片で1.5㎝くらいタイヤが裂けてしまう。しかも、パッチを貼るゴムのりが揮発して空っぽだったw、このミスやるの3回目。ゴムのりは定期的に交換しないとだめですな。チューブ交換後に、携帯している古タイヤの切れ端をタイヤの内側にあててバンドエイドで固定。とりあえず、これで1日は大丈夫でした。

naoetsu 077
妙高市あたり。

naoetsu 079
で、いきなり直江津に到着。見晴らしは準備中でした。
国道18号線は上越市に入るとインターチェンジがあり高速道路みたいな感じになるので要注意。2014年10月から国道18号線(上新バイパス)鴨島ICから下源入交差点間は軽車両、歩行者は通行禁止になっています。IC入口にはその旨看板に表示されていますが、妙高市方面から走ってくると看板等が無いので知らずに進入してしまいます。高田の手前で県道に乗り換えたほうが良いでしょう。

naoetsu 087
日本海に到着、1日でたどり着けなかったので感動は今ひとつ。でも、考えてみれば日本海を見たの生まれて初めて何ですよね。山の上から見たのを除いては。オッサンになってもまだまだ見るべきものはたくさんありますな、しみじみ。

naoetsu 085
なおえつ海水浴場。天気は良いし海も青くてきれい。砂浜で暫しボーっとして過ごしました。久比岐自転車歩行者道で糸魚川まで走ってみたかったのですが今回は断念。直江津駅から輪行で栃木県へ帰りました。

北陸新幹線の開通で長野駅始発の列車が減ってしまいましたね。あさまじゃないと自由席がないのです。あと、車両がE2系はデッキにスキー板やゴルフバッグを置ける荷物置き場があって、そこに輪行バッグに詰めた自転車がジャストフィットでした。E7系に変わって最後部座席の後ろスペースにしか置けなくなってしまったのが残念です。座席の快適さは断然E7系が上ですけど。

1日で直江津まで行けなかった敗因分析。
1、走り込み不足。言わずもがなです。
2、出発が遅い。東京発の方は日付が変わって早々にスタートしてますね。
3、獲得標高多すぎ。平坦路を積極的に選択するべきだった。志賀草津道路は1日かけて走ったほうが楽しいし。でも、交通量が多いところは敢えて峠を選択するのもありかと。
4、準備不足。前日に思い立って実行したのが良くなかった。装備やルート確認に時間をかけるべし。あと、名所や旨いもの情報も。前日に2時間しか寝てないのも良くなかった。
逆に言えばこの辺の反省を踏まえれば、1日で300kmは決して無理ではないと思いました。今年中に再チャレンジしたいですな。