富士山、須走口から吉田ルートへ

IMGP0236.jpg
ちょっとミッキーっぽい雲。

7/26(日)登山:富士山
ルート:須走口五合目9:48-六合目10:36-本六合目11:07-七合目11:49-本七合目12:25-八合目12:48-本八合目13:13-八号五勺13:31-九合目13:58-富士山山頂14:20-剣ヶ峰15:28-下山口16:10-八合目分岐16:34-富士スバルライン五合目17:55

所要時間8時間7分
交通 行き:小田急線新松田駅から富士急湘南バスで1時間半弱、須走口新五合目で下車。
帰り:富士急バスで富士スバルライン五合目から富士急行線河口湖駅まで約45分。
交通メモ:富士山エリアの交通にはフリーバス等の割引が多数存在しています。正規の料金よりかなり安いので、行く前によく調べたほうが良いです。

台風12号の影響で判断が難しかった週末の天気。結局は梅雨明け10日らしい天気になって、思い切って遠征された方はさぞかし良い山行になったことでしょう。私は遠征に備えての修業第2弾ということで富士山に登ってきました。

fujisan 002
須走口五合目、好きな雰囲気です。

公共交通機関を利用した栃木県から富士山日帰りは交通機関の時間の都合でなかなかタイトなスケジュールです。本当は新松田駅から朝一の7:30発のバスに乗りたかったのですが、ポカミスで東京駅で新幹線の乗り換えに失敗して8:30発に変更。ミスが無ければ朝一のバスに乗れることが可能だと分かりました。
ポイントはあらかじめフリーパスや乗車券などを買っておいて乗り換えの時間のロスを減らすことです。あと、列車の出発ホームや駅構内図をチェックしておくと良いでしょう。
吉田ルートなら新宿からスバルライン五合目まで直通のバスに乗るという手があります。

fujisan 010
最初は樹林帯の中を歩ききます。

fujisan 009
鹿がいました。

fujisan 013
しばらくして視界が開けました。風が冷たくてとても涼しい。

fujisan 022
六合目を過ぎると再び樹林帯。しばらくすると…。

fujisan 030
全体像が見える。

fujisan 036
花がいろいろ咲いてました。

fujisan 044
本七合目を過ぎると完全にザレ場、ガレ場の登りになります。

fujisan 049
お約束の。俺のソウルフードです。

fujisan 061
八合目。この辺りから高山病症状が出始めてペースがガクンと落ちました。私は3000m越えあたりから高山病の症状が出やすくなってしまいます。

fujisan 067
吉田ルートと合流。昼間は人が少なくて歩きやすいですね。山小屋も例年に比べると空いているみたいです。各地の火山活動の影響でしょうか。おかげで外国人の方の姿が目立ちました。

fujisan 073
山頂まであとわずかだが、なかなか足が動かない。

fujisan 084
ヘロヘロで何とか山頂へ。

fujisan 092
ガスが多いもののマズマズの眺め。山頂付近は半袖だと少し肌寒い程度の気温。

IMGP0232.jpg
剣ヶ峰。時間は遅いものの、せっかく来たのでお鉢めぐり。

IMGP0254.jpg
うっすらと駿河湾。

IMGP0255.jpg
相変わらず登りにくい剣ヶ峰。

IMGP0257.jpg
久須志神社方面。

IMGP0259.jpg
三角点。とりあえずお約束なので。

IMGP0261.jpg
よくわからない西方面の山々。

IMGP0270.jpg
八ヶ岳、奥秩父方面。

fujisan 092
のんびりしすぎた(実は動けなかった)ので速攻で下山します。下り番長の真価発揮の時!

fujisan 095
須走口のバスには間に合わないので、帰りは吉田ルートへ下ります。八合目の分岐は重要。

fujisan 103
途中で転んだりしましたが、私は元気です。

fujisan 106
で、無事日暮れ前に下山。

ガスは多めだったものの、却って日差しが遮られて丁度良いくらいの気温でした。下界での猛暑が信じられません。下から吹き上がってくる風が涼しくて気持ち良かった。昼間なら人もあまり多くないし、思い切って行って良かったです。富士山は登ってるときは辛いし、途中で少々飽きちゃったりしますが暫く経つとまた登りたくなるんですよね。栃木からでも日帰り可能だとわかったので、また機会を見て再訪したいと思います。

スポンサーサイト

男体山で修業

nantai 050
二荒山神社。下界よりましとは言え暑かったです。

2015/7/19(日)登山:栃木県日光市 男体山

ルート:二荒山神社登山口9:00-五合目9:58-八合目10:45-11:15男体山(2,486m)12:10-二荒山神社登山口14:03
所要時間:5時間3分
交通:東武日光駅から東武バス湯元温泉行で約1時間

台風の影響ですっきりしない天気の三連休。テント泊は諦めて、地元の山にトレーニングがてら登ってきました。富士山も考えたけれど、高速バスが空いていなさそうだったので止め。男体山は今回で3回目です。交通の便が良いし、温泉に入る時間的余裕があるのが良いですな。朝のうちは山頂付近にだけ雲がかかっている様子。トレーニング目的なので雨が降る前に下山できればOK。

nantai 002
杉林からスタート。すでに暑い。

nantai 004
舗装路を経て4合目、ここから本格的な山登り。

nantai 006
五合目。

nantai 010
七から八合目ぐらいは岩場。我慢のしどころ。

nantai 017
八合目過ぎた辺りから土に変わる。緑がまぶしい。

nantai 025
9合目を過ぎると視界が開け、火山らしい景観に変わります。富士山に雰囲気が似ています。南側は雲が切れて眺めが良かったです。

nantai 028
山頂が見えてきました。地面は濡れていたのですが、滑るというより適度に湿って歩きやすかったです。

IMGP0213.jpg
こんなのガッツかクラウドにしか持てん。

IMGP0214.jpg
山頂はさすがに涼しいです。思ったより天気が良くて良かった。

IMGP0216.jpg
社山や足尾方面の山々。

IMGP0219.jpg
大真名子山、小真名子山、帝釈山、女峰山。

IMGP0207.jpg
日光白根山は見えない。西ノ湖は見えました。

下山については割愛。3連休なので人はかなり多かったです。帰りは高齢の団体さんが原因の大渋滞に巻き込まれ、思ったより時間を短縮できず。ペースが人それぞれなのは仕方がないにしても、後ろが詰まっていたらリーダーさんが何とかしないとダメでしょう。あと、外国人の女性の方が多かったですね。日本の蒸し暑さが堪えるのか、皆さん揃って短パンにタンクトップのアスリート風。別の意味で良い眺めでした、胸元のあたりがw。富士山でも外国人の登山者は半袖短パンだったりするし、体のつくりが違うんでしょうな。日本人で1日で山頂3往復目という猛者もいましたけど。

タイム的に今回はそこそこ良いペースで歩けて、鈍った脚力が復活してきた感じです。来週あたりテント泊縦走といきたいところですが、また台風が来てるんですよねー。計画を立て辛くて困ります。

那須から夏山シーズンをスタート

IMGP0174.jpg
大峠山への斜面はニッコウキスゲが見頃です。

2015/7/12(日)登山:栃木県・那須 流石山、三本槍岳

ルート:ロープウェイ山麓駅9:20-峰の茶屋跡避難小屋10:00-熊見曽根10:29-隠居倉(1,819m)10:51-三斗小屋温泉11:17-大峠12:19-大峠山(1,750m)-流石山(1,812m)13:16-大峠14:09-三本槍岳(1,916.9m)15:34-峰の茶屋跡16:35-山麓駅17:01-那須湯本温泉バス停18:25
所要時間 9時間5分
交通 JR東北線黒磯駅から東野バスで終点山麓駅下車(約1時間)。

GW以来の登山。軽く足慣らしのつもりが結構歩かされてしまいました。当初は日光の女峰山を予定していたのですが、朝に二度寝をしてしまい断念。始発に乗れそうな那須に急きょ予定変更。起きて直ぐにバタバタと準備して出かけたのが原因で後にえらい目にあいました。

IMGP0076.jpg
午前中はまだ気温が高くなく、ひんやりした風が気持ち良い登山日和。

IMGP0077.jpg
那須に来たのは冬以来初めて。朝日岳も緑が眩しい。

IMGP0084.jpg
初めてのコース、熊見曽根の分岐で隠居倉へ。

IMGP0087.jpg
隠居倉と流石山、大倉山、三倉山の稜線が美しい。

IMGP0092.jpg
燧ヶ岳、至仏山。

IMGP0094.jpg
男鹿山塊の向こうに高原山、日光連山。

IMGP0106.jpg
隠居倉までは短いものの展望が開けた稜線歩き。

IMGP0109.jpg
隠居倉。

IMGP0111.jpg
裏から見る剣ヶ峰、朝日岳。

IMGP0118.jpg
越後方面。

IMGP0122.jpg
三斗小屋温泉源泉。三斗小屋温泉までは一度下ります。道は良く整備されています。

IMGP0129.jpg
三斗小屋温泉。こんな山奥にポツンとあるんですな。水補給可能。

IMGP0130.jpg
登山道は明瞭です。ブナ林あり。熊が出没する一帯なので熊鈴が必要。因みに私は忘れたので、ずっと歌いながら歩いてました。曲は「リボンのマーチ」です、知ってるかな?

IMGP0133.jpg
沢の渡渉が3か所あります。増水時は靴を脱がないと渡れないこともあるそうなので注意。この日は水が少なく水浴び最高w。この辺は沢登りをする方が多い様です。

IMGP0142.jpg
途中で見つけた花。ランっぽいけど何だろう。

IMGP0150.jpg
ハクサンフウロはいっぱい。

IMGP0152.jpg
大峠に到着。ここから突然人が多くなりました。会津側からのハイカーでしょう。

IMGP0156.jpg
こちら側から見る三本槍岳は豪快だ。

IMGP0171.jpg
ニッコウキスゲは去年の方が多かったような気もしますが、つぼみのものも多かったので今週いっぱい楽しめそうです。

IMGP0195.jpg
山開き前ですがハイカーで一杯です。

IMGP0159.jpg
ウスユキソウ。

IMGP0176.jpg
那須方面。

IMGP0180.jpg
きつい登りを登りきると気持ちの良い稜線歩き開始。

IMGP0189.jpg
シャクナゲあり。

IMGP0192.jpg
流石山山頂。

IMGP0191.jpg
大倉山、三倉山へのなだらかな稜線。今年も時間切れでこの先には行けません。電車、バスだとやはり会津側から行かないと難しいか。

山頂で昼食中に恐ろしいことに気が付く。持ってきたはずのナルゲンの水筒がザックに入っていない。残りはポカリのペットボトルの中身が1/5くらいとウィダーインゼリーのみ。やけにザックが軽いと思っていたのですが…。この時点でかなり気温は上昇しており、日差しも半端ない。かと言って、他の登山者に水を分けてもらうという屈辱は何としても避けたかった。初心者じゃあるまいし。
三斗小屋温泉まで下って水を補給をするか迷うも、最終バスの時間に間に合うかがかなり微妙なので歩き慣れた三本槍経由で。

IMGP0198.jpg
大峠から三本槍岳の道のりは花が多く、ハイマツあり、眺望ヨシのとても良い区間なのですがこの日は楽しんでいる余裕なし。

IMGP0200.jpg
旭岳、甲子方面への分岐。ここの登りは那須連山でも屈指のきつさだと思う。途中の休憩中に湯本温泉にお住いのハイカーさんから車に乗せるよとの申し出をして頂きました。ご遠慮したのですが、人の好意は素直に受けるものですな…。

IMGP0201.jpg
時間が遅いので誰もいなくなった三本槍岳山頂。

えーと、ここからはいつもの如くバスの発車時間との戦いが始まったので写真がありませんw。のどの渇きを我慢しつつトレラン状態で頑張ったのですが、5分くらいの差でバスに間に合わず。あぁ、無情。まあ、こうなる予感はしてたんですけどね。とりあえず大丸温泉で500mlペットボトルを2本一気飲みしてから、那須湯本温泉まで歩きました。まあ、自然研究路をのんびり下るのもたまには良いもんです、と負け惜しみを言ってみる。

ということで、足慣らしのつもりが結構ガッツリ歩いてしまいました。おかげで今酷い筋肉痛です。
大倉山、三倉山は来年またリベンジします。飽くまでも那須側から行くことにこだわりますよ。それが栃木県民としての俺のジャスティス!
来週の三連休は天気が微妙ですが1日くらい山に登りたいですな。で、再来週くらいにズル休みしてテント泊縦走に行ければよいんですけどね。

夏山の予定など


とは言えGW以来山に登っていないのですけど。ここ1か月は週末に近場で自転車にちょろっと乗っているくらいです。美ヶ原は今年は不参加。

最近の出来事と言えばスマホを購入したことくらいかな。今までのガラケー、iPOD touch、モバイルルーターから、ガラケー、SIMフリースマホになりました。SIMフリースマホはHUAWEIのP8lite。ゲームをしなければ十分に高性能です。これならキャリアのガラケーを解約して、MVNOのSIMフリースマホ1台でもいいかなという感じですが、もうしばらくは様子見の2台体制でいきます。

梅雨が明けたらテント泊で縦走登山する予定。行先候補順で①鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳②北アルプス裏銀座③白峰三山④西穂高岳、奥穂高岳。最初の2つはぜひ行きたい。最後のは行くとしたら小屋泊。ただ、家庭の事情で山に行きにくい雰囲気なので幾つ実現できるやら。