ナイトクローラー



午前中ジョギング。渡良瀬遊水地の谷中湖を2周。
午後から小山ロブレにて鑑賞。
スポンサーサイト

今年初の雪を踏みに赤城山

jizou 018[1]
霧氷に覆われる黑檜山。

11/28(土)登山:群馬県赤城山
ルート:おのこ駐車場9:57-黒檜山登山口10:09-11:10黒檜山山頂(1,828 m)-11:55駒ヶ岳山頂(1,685 m)-12:38鳥居峠-13:14八丁峠登山口-13:42地蔵岳山頂(1,674 m)14:10-14:36大洞
行動時間:4時間39分

先日ニュースで赤城山と榛名山が初冠雪だということを知ったので早速行ってきました。今年初の雪上歩き。

jizou 006[1]
おのこ駐車場から。この日に限っては路面凍結はなくノーマルタイヤでも大丈夫そうでした。

jizou 011[1]午前中は天気が良く、空気も澄んで眺望が効きました。気温は高めでしたが風はさすがに冷たいです。

jizou 013[1]
うっすらと雪が積もっています。まだアイゼンは必要ありませんでした。

jizou 015[1]
富士山が良く見えました。

jizou 016[1]
八ヶ岳かな?

jizou 020[1]
富士山展望スポットあたりから霧氷が見られました。

jizou 036[1]
青空に映えて良い感じ。

jizou 039[1]

jizou 046[1]
稜線に出て霧氷のトンネルを歩きます。

jizou 048[1]山頂の先の展望台から浅間山。今年は黒斑山に登りたい。

jizou 050[1]
浅間山から草津方面を一望。

jizou 051[1]
谷川岳や新潟方面は強い冬型の気圧配置の為天候が悪そう。

jizou 057[1]
日光、武尊方面も眺めはいまいちです。

jizou 063[1]
御黒檜大神。

jizou 069[1]
小沼と富士山。

jizou 074[1]
駒ケ岳へ。

jizou 079[1]
駒ヶ岳山頂はツアー客が占拠中だったのでそそくさと退散。

jizou 081[1]
いつものベンチで昼食。

jizou 085[1]
鳥居峠へ向かう尾根に標識が設置されていました。通る人が多いのでしょうか。

jizou 089[1]
長七郎山との分岐あたり。冬の小沼周辺は静かでいいですね。時間があるので地蔵岳へ。

jizou 098[1]
八丁峠から木の階段で上がっていきます。実は地蔵岳に登るのは初めて。

jizou 102[1]
長七郎山と小沼がきれいに見えました。

jizou 109[1]
そして地蔵岳山頂。あっという間ですね。

jizou 114[1]
山頂から黒檜山、駒ヶ岳、大沼。

jizou 116[1]
山頂は思ったより眺めは良くないんだな。

jizou 118[1]
大洞へと一気に下ります。

ビジターセンターからバスで帰路に着きました。雪の量はまだ少なかったですが、雪を踏む感覚は楽しめたので良しとします。霧氷もきれいでした。次回は雪がたっぷりの時期に再訪したいと思っています。

恋人たち



11/23(日)映画
シネプレックス幸手にて鑑賞。
往復自転車で。

足利市散策

IMGP1935[1]
行道山浄因寺。見頃の始まりといった感じ。

11/21(土)栃木県足利市
ルート:行道山浄因寺-両崖山-織姫神社
所要時間:約3時間
交通:JR足利駅から行道山行バスで終点まで。約20分。

連日の残業疲れでがっつり寝坊。バスが冬季運行休止になる前に霧降から女峰山に登るつもりでしたが断念。足利市に紅葉を見に行ってきました。

IMGP1947[1]
両崖山から関東平野。

IMGP1957[1]
3連休は足利学校の入場料が無料です。いろいろとイベントが催されているようです。

IMGP1970[1]
紅いですな。

IMGP1975[1]
鑁阿寺の紅葉もいい感じになってきました。

IMGP1978[1]

IMGP1979[1]

IMGP1993[1]
あと少しでもみじとイチョウが完全に色づきそうです。紅葉は後半戦突入ですね。


今年の冬はマラソン

3月に地元の近くで開催される古河はなももマラソンにエントリー。久しぶりに今年の冬は幾つかの大会に参加してみる予定です。以前から東京マラソンに当選したら再開しようと思っていたのですが一向にあたる気配が無いので…。あと、最近少し血圧が高いんですよねー。これを機会に日々の生活習慣を見直すつもりです。

ヴィジット、コードネームU.N.C.L.E.

さいたまMOVIXにて鑑賞。埼玉県民の日割引料金。




エベレスト3D


前半の準備段階は割と面白かったんだけどね。予備知識がない人が見たら、エレベストってこんなに俗っぽいの?って驚くかもしれない。現地でアイゼンの装着教室をやってるパーティーには笑った。
原作によるとこの遭難事件が起こった要因は幾つもあったらしく、人災とも言える部分もあるみたいだが、そこいらは端折られてしまっている。遺族への配慮もあるのかな?なので主人公を含めガイドとシェルパたちが「本当にこいつらプロか?」と言いたくなるくらい間抜けなうっかり屋さんに見えてしまって、大自然に対する人間の為す術なしの恐ろしさが薄れてしまった。
せっかくの3Dなのだからアトラクションのように登山を体感できるような使い方をすればいいのにと思った。カトマンズの街並みとか丁寧に立体にしてもしゃーないでしょ。あと現地撮影の画は良いけどスタジオ撮影とCGの画がいまいちで、なんか寒さを感じられなかった。山の雄大な風景を映像化するのもIMAX2Dの方が良かったんじゃないかと思います。
この映画を観終わった人が「山って怖いな」としか思わなかったらちょっと悲しい。ラストのモルゲンロートに染まる山々とロブの亡骸のシーンは悲しくも美しくて良かった、そんなシーンがもっとあれば良かった。ロブの奥さんと娘のサラはその後二人でキリマンジャロに登頂に成功したらしいが、それをラストにできれば良かったかもね。


妙義山 2015秋

myougisan 131[1]
大砲岩の上から金洞山。この辺りが一番紅葉がきれいでした。

11/1(日)登山:上州 表妙義
ルート:妙義神社9:00-9:49奥ノ院-10:32大のぞき-10:57天狗岩-11:04タルワキ沢-11:17相馬岳(1,104m)11:35-12:28堀切-13:03鷹戻し-13:30東岳(1,094m)-14:00中之岳-14:30第4石門-14:40大砲岩-中間道-15:17あずまや-妙義神社-16:04もみじの湯
所要時間:7時間04分
アクセス:JR信越本線松井田駅から道の駅妙義まで徒歩40分くらい。タクシーは電話で呼ぶ必要あり。
メモ:道の駅まで付近にコンビニ等は全くなし。道の駅は9時から。ヘルメットは着用した方が良いです。

昨年と同じく表妙義縦走コースで妙義山に紅葉を見に行ってきました。あと自分の体力の現状確認の為でもあります。今年は紅葉の進捗が早めだけど妙義山はどうだろか。

myougisan 003[1]
妙義神社はまだ緑でした。

myougisan 007[1]
中間道から辻(大の字分岐)へ向かうと紅葉がいい感じ。大の字方面のハイカー渋滞を避けるならこちらのルートで。

myougisan 010[1]
奥の院の鎖場。カニノタテバイと同じくらいくらいの長さかな。

myougisan 013[1]
見晴らしから裏妙義と浅間山。裏妙義は行きたいのだがアクセスがなあ…。

myougisan 015[1]
榛名山、赤城山方面。

myougisan 026[1]
玉石。

myougisan 027[1]
稜線の紅葉は終わりかけで中間道の間までがキレイ。昨年は11/8に歩いて同じような感じだったので、やはり紅葉の進み具合は若干早いのかもしれません。

myougisan 029[1]
天狗岩。

myougisan 034[1]
所々きれいな色があります。

myougisan 038[1]
相馬岳へ。

myougisan 050[1]
相馬岳山頂から金洞山。

myougisan 058[1]
バラ尾根を下ります。ザレていたり、浮石があったりして歩き辛い。神経を集中して登降する鎖場より、バラ尾根みたいなところのほうが危険な気がします。あと、石落としたら本当に止まらないので落石は起こさないように。ヘルメットはあったほうが良いと思います。

myougisan 055[1]
でも、バラ尾根は意外と紅葉がキレイなんです。

myougisan 074[1]
バラ尾根と堀切の間に休憩に最適な好展望地あり。昼飯は相馬岳山頂よりこっちの方が良いかも。

myougisan 079[1]
堀切から鷹戻しへ向かいます。途中痩せ尾根があるので油断しないように。堀切から中間道へ下りるコースはもみじがとてもきれいだった記憶があります。

myougisan 085[1]
鷹戻しの鎖場。鎖に頼らず登るのは困難です。

myougisan 088[1]
金洞山側から来ると「鎖を離すな」の看板の所を降りて行きます。

myougisan 092[1]
ルンゼの鎖場。鎖にあぶみが付けられていました。

myougisan 096[1]
ここを下るわけです。

myougisan 099[1]
奇岩群が下に見えます。

myougisan 103[1]
東岳から中之岳。

myougisan 105[1]
人様が歩いてみるのを見ると玉ヒュンですな。

myougisan 106[1]
荒船山。

myougisan 108[1]
中之岳山頂。

myougisan 121[1]
第4石門。

myougisan 132[1]
大砲岩に寄り道してから中間道で下山します。石門巡りだけもかなり満足度が高いと思います。ハイキングで来られる方も頑張って大砲岩、天狗の評定まで行ってみて欲しいですね。絶好の景勝地です。

myougisan 123[1]
中間道の紅葉は全体的には始まったばかりですが、第4石門からあずまやくらいまでの間は既に見ごろになっていました。

myougisan 138[1]
巨大岩盤をくぐるあたりも紅葉がいい感じ。

myougisan 144[1]
この日一番の紅かな。

myougisan 147[1]
地味にきついアップダウンを経て妙義神社へ。

myougisan 152[1]
日帰り温泉施設もみじの湯に到着。

もみじの湯で汗を流してから、帰りも松井田駅まで歩きました。列車の運賃はぐんま世界遺産パスを使用したので安上がりで済みました。
昨年同じコースを歩いた時とほぼ同じくらいの所要時間でした。とりあえず体力は衰えていないようでひと安心。時間はともかく前回より気持ち的に余裕を持って歩けたので、山の経験値が多少上がったのかな。観光地としての妙義山も割と好きなので、できれば年1回くらいは行けたらイイナと思います。