スター・ウォーズ フォースの覚醒



スポンサーサイト

白毛門、山頂までは行けず途中敗退

sirage 041[1]
谷川岳より白かった白毛門。

12/28(月)登山:群馬県みなかみ町 白毛門(1,720m)

ルート:登山口9:22-松ノ木沢ノ頭直下13:44-登山口16:12
所要時間:6時間50分
交通:JR上越線土合駅から徒歩10分

年末年始休みに突入、今年は10連休。うちは正月休みだけは長いのです。とは言えやることもいっぱいあるので山も今回で登り納めです。前から行きたかった白毛門。天気は晴れたり曇ったりで気温もさほど低くありませんでした。途中の急登では汗だくになるくらい。

sirage 002[1]
久々の土合駅の長い階段。

sirage 006[1]
週末はそこそこ降ったようです。

sirage 019[1]
いきなり急です。

sirage 039[1]
平坦区域を過ぎた辺りからからトレースが消える。膝上~腿くらいのラセッル。

sirage 035[1]
この時間以降の谷川岳は山頂付近がガスっていました。

sirage 047[1]
フカフカのパウダースノーが深いところで1m。戦意喪失しこの時点で山頂を断念、目標を松ノ木沢ノ頭に変更。

sirage 052[1]
鎖場直下。松ノ木沢ノ頭らしきピークに近づく。

sirage 059[1]
鎖場を登ったところで時間切れにより撤退決定。

今年は雪が少ないとは言え、さすがは豪雪地帯。一晩でかなり積もるんですな。久々のラッセルだったので思ったより進めませんでした。撤退は不本意ながら、いろいろと勉強になった山行でした。白毛門は来年の残雪期か馬蹄形縦走でリベンジします。

やはり雪が少なかった日光白根山

IMGP2024[1]
前白根山から。

12/20(日)登山:栃木県奥日光

ルート:日光湯元温泉スキー場6:13-登山口6:52-外山鞍部8:13-前白根山9:41-五色沼避難小屋10:11-11:47日光白根山()12:20-前白根山13:25-外山鞍部14:02-登山口14:44-15:10湯元温泉
行動時間7時間23分 休憩時間1時間34分 合計8時間57分
交通:JRまたは東武日光駅から東武バスで湯元温泉下車。
メモ:サングラスを持っていくのを忘れた。

記録的な暖冬でどこの山も雪不足なようですね。比較的雪が多そうな山ということで日光白根山に登ってきました。昨年は11月末に登ったのですが、その時より若干多い程度の積雪でした。スキー場も大弱りでしょうな。今回は湯元温泉で前泊しました。時期的なこともあってお客が少ないらしくのんびりできました。素泊まりなら5000円ちょいなのでシーズンオフならまた泊まってももイイかな。前日は足慣らしで赤沼から湯ノ湖まで歩きました。戦場ヶ原は人っ子一人いませんでした。前日はかなりの強風と冷え込みでしたが、当日は冷え込みも緩み風も9時過ぎに弱まりました。登りは暑いくらい。ただ稜線にでると風が強く冷たいです。

nikkosirane 049[1]
外山鞍部から前白根山への稜線。ここらが一番雪が多かったです。2、30㎝くらい。

nikkosirane 058[1]
前日はちょっと吹雪いていたのでパウダースノーでした。

nikkosirane 062[1]
外山の尾根から稜線まで上がってしまえば快適な稜線歩きでした。雪が多ければラッセル必死ですが。

IMGP1999[1]
富士山ばっちり。

IMGP2008[1]
前白根山から。

IMGP2019[1]
五色沼。奥に至仏山。

IMGP2013[1]
前白根山からの日光白根山が一番かっちょいいです。

nikkosirane 075[1]
避難小屋。雪の少なさ、お分かり頂けたであろうか?

IMGP2026[1]
樹林帯を抜ける。

IMGP2030[1]
急斜面。クラストしてたら怖そう。

nikkosirane 080[1]
やっぱ雪少なし。ピッケル持っている人が多かったけど意味なし。

IMGP2048[1]
この日は調子が出なくて登りでかなり時間がかかってしまった。

IMGP2035[1]
南側の眺めもバッチリ。八ヶ岳も雪が少なそう。

IMGP2051[1]
槍もバッチリです。

IMGP2053[1]
谷川岳方面。

IMGP2058[1]
金精道路封鎖前ということで、山頂は菅沼からのハイカーで賑わっておりました。

IMGP2065[1]
山頂。

IMGP2063[1]
武尊山の後ろに白馬三山かな。

IMGP2067[1]
燧ヶ岳、上越方面。

IMGP2071[1]
武尊山も雪がないなあ。

IMGP2074[1]
こっちも雪が無いな。

IMGP2075[1]
前日のブラタモリ、奥日光でしたね。

IMGP2083[1]
帰りは下り番長の出番だ!

IMGP2090[1]
天気にも恵まれて良い一日でした。

この湯元ルートは前半はきついけど帰りはほぼ下り基調なのでサクサクと快適に下れます。前白根山から外山鞍部への下りはモフモフのパウダースノーで楽しかった。これ以上雪多くなると大変だけどね。湯元温泉でのんびり温まってから帰宅。ただ、踏切事故で東武日光線が止まっていて復旧のめどが立たずの状態。生まれて初めて振替輸送切符を貰い、JRで帰りました。金額的には結果的にお得だったかもw。
話に聞いていた通り雪は少なめでした。これ以上雪が多くてラッセル要なら単独日帰りは難しいんですけどね。ヘタレの自分にはこのくらいのレベルの雪山が丁度良いです。決して無理することなく安全第一でこれからの厳冬期に幾つか雪山を楽しむつもりです。今のところ白毛門と黒斑山には登りたいと思っています。

007 スペクター



小山シネマハーヴェストにて鑑賞。
夕方に10kmジョグ。

黄金のアデーレ 名画の帰還



ユナイテッド・シネマ浦和にて鑑賞。
午前中10kmジョグ。

館林美術館に行く

tatebayashi 005[1]

12/4(土)自転車:渡良瀬遊水地~館林市~群馬県立館林美術館(往復)
走行距離:往復50kmちょい

群馬県立館林美術館に「舟越桂 私の中のスフィンクス」展を見に行ってきました。たまに見るBS日テレの「ぶらぶら美術館」という番組で知って何となく気にはなっていました。彼の作品は天童荒太の本の表紙が印象深いです。天気も良いので自転車でぶらりと。途中、駅前の店「お食事処 花やま」で鬼ひもかわを食す。きしめんみたいな幅広麺のうどん。ちと高いけど割と美味しかった。

tatebayashi 006[1]

tatebayashi 008[1]

館林美術館は多々良沼の近くにあり田舎、いや自然溢れる良いロケーションにあります。展示は今週末で終了ということもあるのかなかなか盛況でした。舟越さんの作品は小難しい感じはなくて親しみやすいところが良いです。個性的な人物の肖像彫刻に囲まれていると不思議な感じがするのと同時に、何とも心地の良い空間でありました。