ザ・ウォーク



MOVIXさいたまにて鑑賞。
土曜日に谷中湖で3時間走。寒かった。
スポンサーサイト

茶臼岳、朝日岳

asahi 010[1]
寒かったです。温そうですね。

1/16(土)登山:栃木県那須町 茶臼岳 朝日岳

ルート、コースタイムの詳細はこちらから(ヤマレコへのリンク)。

最近仕事が忙しく今週は無理をしたくないので近場の那須の山に行ってきました。お気楽雪山ハイクをと思っていたら、天候が悪く案外ガチな山歩きになってしまいました。那須の山は天候を予想するのが難しい。下界は晴れていたのですが、山の上は雪がチラつき風も強めでした。こんな天候でも結構人はいたので人気がある山域ですな。

asahi 005[1]
雪は少ないですね。笹がまだでかなり出ています。

asahi 016[1]
樹林帯を抜けるといきなり風が強い。雪はうっすら程度でアイゼンは付けませんでした。

asahi 020[1]
朝日岳の予定でしたが眺望ゼロなのでとりあえず茶臼岳へ。

asahi 024[1]
何も見えんがな。

asahi 028[1]
下山してのんびり温泉でも入ろうかと思うも、折角なので朝日岳へ向かいます。

asahi 033[1]
トラバース箇所は雪が締っていないので滑ります。

asahi 035[1]
鎖場。写真で見るより実際は道幅はちゃんとあります。

asahi 039[1]
来てはみたがすることもないので速攻下山。

asahi 044[1]
剣ヶ峰の直登ルートは雪がほとんどないのでトラバースルート。パウダースノーで滑るのでちょっと怖い。

asahi 047[1]
茶臼が見えたのはこの時の一瞬のみ。

asahi 048[1]
避難小屋周辺は爆風。雪が顔に当たって痛い。

asahi 051[1]
むー、下界は良く晴れてるし。

雪が少なくてピッケル、アイゼンは未使用でした。天候不良でしたが、たまにはこんな状況を経験をしておくのも良かったかもしれません。今週末はまとまった雪が降るかもとの天気予報。冬は冬らしくは雪がたんまりと積もって欲しいですね。

クリード チャンプを継ぐ男



早くも今年?のランキング暫定第1位です。試合シーンの迫力が凄まじい。老いたスタローンの良い枯れ具合。主人公が心身ともに成長していく様。現代っ子の若い2人の微笑ましい恋愛。師弟愛と親子愛。フィラデルフィアの愛すべき不良共。チーム・クリード。カッコイイ音楽、そしてピンポイントでのロッキーのテーマ。あの場所でのラストシーン。ほぼ満点です。最高だ!

第10回下野市天平マラソン

久々にマラソン大会に参加してきました。この大会は2回目です。こじんまりとしたローカルな大会ですが走りやすくて好きなコースです。寒空の下、沿道で応援して頂いた方に感謝。やっぱり応援してもらうって嬉しいですよね。ハーフマラソンに参加で記録は1時間40分台。久々にしてはマズマズでした。今後はふかやシティハーフマラソン、古河はなももマラソンに参加予定。

クリムゾンピーク



バンズ・ラビリンスのような作品を期待してたら、火曜サスペンスみたいな話でした。

ブリッジ・オブ・スパイ


白毛門、再び

IMGP2115[1]
松ノ木沢の頭から白毛門。

1/3(日)登山:群馬県みなかみ町

ルート:登山口8:52-10:50松ノ木沢の頭-11:50白毛門(1,720m)山頂12:25-14:25登山口-14:47土合駅
所要時間:5時間55分

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ということで登り初め。谷川岳と迷ったんですが、年末に途中リタイアした白毛門にリベンジ。年末年始は雪が降ってなそうだし、登山者も入ってトレースがあるだろうから行けると判断。当日は春を思わせる陽気で風もほとんどありませんでした。

siragamon 008[1]
途中までは前回の山行と被るので割愛。雪はだいぶ沈んでしっかりとしたトレースがありました。

siragamon 012[1]
谷川岳の稜線もすっきり晴れてますな。やはり雪が少ないな。

siragamon 021[1]
暑くてベースレイヤー1枚で歩くも汗だくでした。

IMGP2106[1]
谷川岳から一ノ倉岳。

IMGP2107[1]
山頂アップ。

IMGP2125[1]
松ノ木沢の頭を過ぎると雪が増えます。急勾配。

IMGP2127[1]
こんな景色を常に左に見つつ歩きます。

IMGP2129[1]
トレースを踏み外すと膝くらいまでの積雪。

IMGP2131[1]
右が武能岳、奥に苗場山。

IMGP2136[1]
むー、カッコイイー。

IMGP2137[1]
笠ヶ岳、烏帽子岳。足跡はありました。

IMGP2138[1]
栄光のビクトリーロードw。

IMGP2139[1]
山頂に到着。

IMGP2146[1]
武能岳、蓬峠、七ツ小屋山。今年こそ日帰り馬蹄形縦走をする。

IMGP2149[1]
先日登った日光白根山。

IMGP2150[1]
燧ヶ岳、至仏山。

IMGP2158[1]
武尊山。

IMGP2159[1]
山頂と谷川岳。

siragamon 025[1]
のんびり景色を堪能して下山します。あとは省略。

当然だけどラッセルがあると無いでは疲労度が全然違いますな。あと1時間くらい早く出発できていれば笠ヶ岳まで行きたかったくらいです。まあ、例年だとこの時期は腰ラッセルらしいので今回のように楽はできないのでしょうね。しかし今年は雪が少ないし、気温は高いし、景色はモヤってるしでまるで春山のようでした。温暖化このままが進んだら雪山がなくなっちゃう、なんてのも冗談では済まないのかもしれませんね。この日すれ違った人は5人、絶景を眺めながらの静かな山行で、幸先の良い登り初めでした。