唐松岳

IMGP2309[1]
3/26(土)登山:長野県白馬村 唐松岳
ルート、コースタイム等の詳細はこちらへ。(ヤマレコへのリンク)

家庭の事情で前回登った黒斑山から2か月空いてしまいました。雪山シーズンが終わる前にもう一度くらい登りたいと思っていたら、高気圧がど真ん中の好天予報。何とか口実を作りそそくさと準備をして行ってまいりました。谷川岳と迷ったのですが思い切って唐松岳に長距離遠征。家族に遠慮してのお出かけなので宿泊はし辛く、夜行列車を利用して0泊2日の旅です。

IMGP2251[1]人気の山らしく人の列が絶えません。ほぼ風は無く上着なしでスタートしました。

IMGP2266[1]五竜岳と鹿島槍ヶ岳。いきなりこの眺めだから堪りませんなー。

IMGP2296[1]広々とした尾根をずっと登っていきます。

IMGP2288[1]鹿島槍ヶ岳、きれいな双耳峰。

IMGP2276[1]不帰の瞼と天狗の大下り。以前テント泊縦走で歩いたことが懐かしい。

IMGP2319[1]唐松岳頂上山荘の手前の核心部。夏道は巻きます。

IMGP2329[1]山荘までは無風だったのですが、山頂直下は冷たい強風が吹き荒れます。

IMGP2334[1]山頂。大パノラマ。

IMGP2337[1]雄々しい五竜岳。

IMGP2336[1]不帰の瞼、白馬槍ケ岳方面。

IMGP2338[1]剱岳。

IMGP2339[1]立山。

IMGP2345[1]妙高方面かな。霞んでますね。

IMGP2347[1]寒いので撤退します。眼下に唐松岳頂上山荘。

IMGP2362[1]午後は少しガスが湧いてきました。

IMGP2368[1]広い尾根をひたすら下ります。視界が悪いと道迷いがありそう。

IMGP2374[1]おっと、これを忘れてましたね。白馬三山。

後立山は終日快晴でした。好天過ぎてお手軽ハイキングといった感じ、というのは贅沢かな。好天を狙い撃ちすれば労せずして絶景を得られるのところが、雪山入門に最適な山と言われる所以でしょうな。五竜岳と鹿島槍ヶ岳の雄々しい佇まいが印象的でした。やはり例年に比べると雪は少ないらしく、雪山シーズンも早めに終了しそうです。4月中にあと1回くらい雪山に登れたら良いのですが、家族のご機嫌を伺いつつといった感じですかね。

スポンサーサイト

『独裁者と小さな孫』



小山ロブレにて鑑賞。久々にぐっときた作品。

リリーのすべて



お彼岸の墓参りの帰りにMOVIXさいたまにて鑑賞。

第4回古河はなももマラソン

IMG_0506[1]

2016/3/13(日)マラソン

第4回古河はなももマラソンに参加してきました。3年ぶりくらいのフルマラソン。地元の大会なので自転車で会場まで20分。アクセスが近いのは楽ですな。1日中どんよりとした曇り空で肌寒い天気でしたが、走るには丁度良い感じでした。ここ最近仕事が忙しく週末くらいしかまともに走れませんでした。サブフォーで行ければ良いかなと。その割には前半は足が軽くて、1km4分50秒くらいのペースで行けました。靴をNYからDSトレーナーに変えた効果か?しかしやはりというか30km過ぎからガクッと1km6分ちょいのペースに落ちました。給食のオレオ一気食いによる回復でラスト2kmは5分ペースに持ち直しフィニッシュ。前半の貯金のおかげで一応自己ベストの3時間50分台前半を達成できました。全く走り込み不足だったので何とも複雑な心境です。
コースはほぼ平坦(30km付近に多少のアップダウン)で中盤以降は道も広くて走りやすかったです。エイドも充実してました。距離表示が分かり易く、スタッフの方も十分な人数。田舎なので人がまばらな区間もありますが、寒い中応援してくれる地元の方の声に励まされました。思っていたより(失礼)良い大会でした。ただ、参加賞のTシャツのデザインは何とかなんないかなー。


『キャロル』



ユナイテッドシネマ浦和にて鑑賞。心なしか女性客が多かった。最近殺伐とした映画を見ることが多かったので、ラブストーリーもたまには良いと思ったりしました。

第10回ふかやシティハーフマラソン2016

2/28(日)マラソン大会:埼玉県深谷市

参加してきました。天気良すぎてかなり汗をかいてしまいました。下野市のハーフとほぼ変わらないタイムでがっかり。途中でトイレに行ったけど。14kmくらいまでは良いペースだと思ったんだけどなあ。はなももマラソンの案内が来ましたが完走できれば御の字な気がします。
大会自体は相変わらず隙のない素晴らしい運営ですね。地元の名物料理がふるまわれる大会は多いですが、ここの煮ぼうとうはミニどんぶり一杯くらいの量があって具だくさんで完全に1食分。とても美味しいです。会場でねぎを買って帰る人が多く、事情を知らない人は電車内で「今日はやけにねぎ持ってる人が多いなあ」と不思議だったでしょうな。

『ヘイトフル・エイト』



さいたまMOVIXにて鑑賞。聡い人は時期的にアメリカ大統領選との関連云々とか語りだしそうだが、タラちゃんには「法治国家?何ソレ、美味しいの?ヒャッハー!」とか言って人を殺しまくるおバカな映画を撮ってくれる方がある意味健全だと思います。