スーパーライトなママチャリ

2010_1218light0001.jpg

今日はプチ大掃除をしたり、自転車をいぢったりしていました。午後は軽く近所をジョグ。さのマラソンのダメージはほとんど回復しました。だけど年末の忙しい時期に体調を崩すと厄介なので無理はしません。

新しいママチャリが我が家に届きました。ブリヂストンのスーパーライトU型です。これは母へのプレゼントです。でもって、雨の日の通勤用に母の古い自転車をもらいました。
これを選んだ一番のポイントはとにかく軽い!ということです。というのも、我が家の駐輪スペースは玄関脇の軒先なのですが、そこに置くためには階段を3段担いで登る必要があるのです。重さが20kg以上ある自転車を上げ下ろしするのは年配の母には大変なのですよ。てなわけで、ブリヂストンの一般車で最軽量のコイツに決定しました。

アルミパーツをふんだんに使用したこのママチャリ、重量はたったの15.3kg。一般的なママチャリは大体19~20kg前後のものが多いので、これはかなり軽量なほうです。フル装備の私のCX900とそんなに重量は変わらないような気します…(汗)。これなら母でも軽々と持ち上げられそうです。耐久性にちょっと不安があったのですが、思ったよりは細部の作りはしっかりとしています。近所に買い物や用事を済ませに行く程度なら問題は無いでしょう。
ただし、通勤や通学で毎日乗るにはちょっと耐久性において頼りない感じがします。重量にこだわりが無いのならば、カルーサやジョブナあたりのモデルが機能性、耐久性、安全性などのバランスが良いと思います。カルーサやジョブナは前ブレーキがツーピポッドキャリパーブレーキ、リムなどが丈夫なステンレス製、3年間の盗難補償付など至れり尽くせりなんですよね。まあ、色のきれいさを含めて母は気に入っているようなので全てはオールライトって感じです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント