雲竜渓谷ハイキング

2011_0207unryuu0051.jpg

今日は日光にある雲竜渓谷でハイキングしてきました。
きっかけは某登山雑誌の記事で紹介されていたからです。
ハイ、わたくしミーハーでございます~。

新栃木から東武日光線の始発に乗り、6時9分に東武日光駅に到着。
林道ゲートまでタクシーで行こうと思ったら、駅前ロータリーに全く車の気配なし。
こうなりゃ歩くしかないっしょ。
ネット上に徒歩でのアプローチの情報がないので、私が人柱に!

2011_0207unryuu0001.jpg
神橋を右折後、ここで左折して林道に入ります。
路面は所々アイスバーンになっているので、車はスタッドレスタイヤ必須。
歩いていると、ドライバーにゲートまであとどれくらいか何度か尋ねられました。
こっちが聞きたいくらいだっつーの。
結局、駅から林道ゲートまでは1時間10分でした。
えーと、素直に車で行ったほうが良いと思いますです。

2011_0207unryuu0011.jpg
左のゲートからは舗装された林道を行くので問題なし。
洞門岩の表示がある駐車場で林道コースと沢コースに分岐します。
私は行きは林道、帰りは沢コースで行きました。
ここからは雪があるので注意する必要あり。
沢コースは気温の上昇で水量が増えていたので、渡渉は慎重に。
トレースを外れると膝上まで踏み抜きます。(やりました)
時間的には沢コースのほうが断然早い。

2011_0207unryuu0021.jpg
2つのコースが合流する広場に雲竜渓谷の表示あり。
階段を降りると素晴らしい風景が見えてきます。
友知らずと呼ばれる氷壁。

2011_0207unryuu0041.jpg
大迫力の氷柱群。でけえー。

2011_0207unryuu0046.jpg
カキ氷にしたら、やはりガリガリ君ソーダ味なのだろうか。

行き止まりまで来たら、右手の巻き道を通って雲竜滝の滝壺まで。
大迫力の雲竜滝です。どーん!

2011_0207unryuu0077.jpg
間違えました。

2011_0207unryuu0083.jpg
こちらが本当の雲竜滝です。

2011_0207unryuu0047.jpg
ここ数日の3月並の暖かい気温のせいで、落ちたつららの残骸が多いです。
実際、私の目の前で団体ツアーのすぐ近くにつららが落下してヒヤリとしましたよ。

2011_0207unryuu0055.jpg

いやー、とても美しくて素晴らしかったです!
日光にこんな場所があるなんて思いもしませんでした。
駅からのアクセスも良いし、難易度も低いので雪山ハイキングにぴったりの場所です。
ただ、天候しだいでは非常に危険度が高くなりそうので、行かれる方はちゃんとした冬山装備で行きましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント