梅雨明けの日光のはずが

2011_0711akanagi0001.jpg

関東地方も待望の梅雨明け。
今年の夏は暑さから逃れるためにも、北アルプスをプチ縦走してみたいと思っています。
しかしながら最近はみかも山しか歩いていないので足慣らしが必要。
と言うことでニッコウキスゲも見頃な霧降高原から赤薙山、丸山に登ってきました。
朝の車窓から見る空は雲ひとつ無い晴天で、快適な山歩きになるはずだったのですが…。

霧降高原はリフトが廃止されたので、ニッコウキスゲの群落までは歩く必要があります。
道はぬかるんでいる上に、土から露出した木の根が邪魔で歩き難いです。
最低でもスニーカーは履いて行ったほうが良いでしょう。
現在は遊歩道の整備中の為、2ヶ所の臨時観察場所からしか見られません。

2011_0711akanagi0003.jpg

キスゲ平から赤薙山までは展望が良い尾根歩きです。
この辺りからポツポツと雨が降り出しました。
日光市外は日差しが出ていて晴れていたのですが。

DSCF2017.jpg
樹林帯に入り荒れた道をちょっと登ると赤薙山の山頂。
この辺りから雨が激しくなってきました。

DSCF2026.jpg
折角なので丸山にも登りました。
赤薙山からの下りの時点でけっこう降っていて、登山道は水が流れ出して沢状態。

DSCF2028.jpg
天気が良ければ気持ち良かったであろう八平ヶ原。
しかし、

DSCF2029.jpg
登山道は既に濁流状態。
ゲリラ豪雨並みの土砂降りで、けっこう近くに雷が落ちてました。
この後の樹林帯の道はどろどろのつるつるで怖かったです。
ニッコウキスゲ目当ての観光客は登山装備が無いのでかなり悲惨な状態でした。
いつも思うのですが、トレランの人ってあんな軽装備で怖くないのだろうか。

DSCF2030.jpg
竜の巣が!

バスで日光市内まで来ると予想通りの晴天でした。
エライ目に会いましたがこれも良い経験です。
あ、日光は下界より遥かに涼しかったですよ~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント