熊鷹山、根本山に登る

2010_0505kumataka0061.jpg
今年のGWのメインイベントとして、佐野市の北部にある熊鷹山から桐生市の根本山へと山歩きしてきました。
蓬山ログビレッジの辺りは自転車でよく来るので、この辺の山々は以前から気になっていました。熊鷹山は山頂の展望の良さ、根本山は春のアカヤシオの花でハイカーに人気があるそうです。私の登山口までのアプローチは当然自転車(笑)。

2010_0505kumataka0005.jpg
県道201号線を北上し、蓬山フィッシングセンターのところで左折します。2kmくらいは舗装路ですが、その先約4kmは未舗装の砂利道をヒルクライムです。車の場合、すれ違える場所は限られるほど狭い道です。ココで私のCX900通勤号の本領発揮。ブロックタイヤとフロントトリプルがはじめて役に立ったような気がする。最後の1kmは押しが入ったものの何とか小戸口登山口に到着。

2010_0505kumataka0052.jpg

2010_0505kumataka0032.jpg
さあ、ここから山歩きです。小戸川の沢沿いをずんずん登っていきます。途中、いくつもの滝やわさび畑があったり、春の草花が咲いていたりと歩いていてとても楽しいです。

2010_0505kumataka0055.jpg
尾根近くまで登ってくると今度は熊笹が広がる気持ちの良い高原チックな風景になります。

2010_0505kumataka0057.jpg
尾根沿いの分岐からもうひと頑張りで熊鷹山頂、ここは360℃の大展望です。あいにく遠方はガスってましたが十分に絶景でしたよ。しかし、ここでデジカメのバッテリーが切れるというアクシデント。うぅ、これじゃ肝心のアカヤシオが写せないジャマイカ。

2010_0505kumataka0060.jpg
気を取り直して根本山へ。ココから先はアップダウンの少ない快適な尾根歩きです。小戸口から熊鷹山まではひとりしか人に会わなかったのに、この辺からかなりの人の賑わい。桐生や三滝方面から来る人のほうが多いみたいですね。十二山根本神社から根本山の間ではアカヤシオがちらほらと見られました。やはり、4月の低気温のせいで開花の遅れ、発育不良があるようです。一番きれいに咲いていた根本山頂の辺りから三境方面にちょっと行った所で昼食。それにしてもアカヤシオは可憐で素敵な花ですなぁ。

帰路では道を間違えて30分くらいロスしたり、水が無くなって沢の水を飲んだらちょっと腹痛(当たった?)とトラブルがありつつも無事下山。帰りも途中で追い越したのはインド人らしきカップル(しかもカジュアルな服装の)だけで静かな山歩きでした。
さすがにかなり疲れましたが、充実した山歩きでした。箱庭のような小戸川の美しさと熊笹の広がる尾根歩きがとても印象に残りました。次はルートと季節を変えて登ってみたいですね。

2010_0505kumataka0048.jpg 2010_0505kumataka0054.jpg
2010_0505kumataka0042.jpg 2010_0505kumataka0050.jpg 2010_0505kumataka0051.jpg 2010_0505kumataka0021.jpg
2010_0505kumataka0026.jpg 2010_0505kumataka0027.jpg 2010_0505kumataka0030.jpg 2010_0505kumataka0035.jpg 
途中で見つけた花々。名前は追々調べます(汗)。

本日の走行距離 113㎞

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント