谷川岳もすっかり春

P1020204.jpg
トマの耳。

登山 谷川岳 3/17(日):9:40ロープウェイ天神平駅-10:30熊穴沢避難小屋-11:20肩の小屋-11:25トマの耳-11:50オキの耳-12:20肩の小屋-13:40天神平駅

日曜日は久々に風の弱い絶好の行楽日和。ということで、私の技量では快晴時にしか行けないであろう積雪期の谷川岳に行ってきました。新幹線にちょろっと乗りつつ水上駅へ、バスで谷川岳ロープウェイ駅へ。

P1020146.jpg
ここからスタート。

夏道は使えないのでトレースに従いつつ尾根を目指します。というか、登山者の列が切れ目なく続いているので進路が分からなくなることはありませんでした。雪は表面がザラメ状ですがよく締まっていて歩き易い。ツボ足で大丈夫そうでしたが一応アイゼン装着。ピッケル、ワカンの出番はなし。それにしても暑かった。登りはパタゴニアのキャプリーン2の1枚だけでした。さすがにトマの耳周辺は風が強く寒かったのでハードシェルは必要だと思います。

P1020159.jpg
雪庇には要注意。

P1020163.jpg
避難小屋の屋根の角?

P1020162.jpg
斜面にはクラックが目立ちます。

P1020173.jpg
ホワイトアウトしたら方向が分からなくなりそうだ。

P1020180.jpg
万太郎山への尾根はいつ見てもカッコイイです。

P1020189.jpg
トマの耳からの素晴らしい眺めですが山座同定は苦手です。

P1020229.jpg
トマの耳からオキの耳へ。雪庇と斜面がスゴイ。

P1020208.jpg
西黒尾根ですな。

P1020224.jpg
再びトマの耳へ。

ご覧の通りで登山者がめちゃ多かったです。まあ、これだけ雲ひとつ無い天気なら当然か。スキーorボードを担いでいる人も多かった。滑っているのを見ていると気持ち良さげですが、私は雪崩が怖くて絶対無理。下山時は高い気温で雪が緩んで少し歩き辛かった。

P1020254.jpg
今日唯一気を使った場所。避難小屋のちょい手前の急斜面。

P1020258.jpg
戻って来やした。思ったより空いているんだな。

自分は谷川岳とは相性が良いのか、今まで3回登ってすべて晴天でした。今の時期は天候さえ良ければ夏より短い時間で往復できますね。特に危険な場所も無く楽しい雪山ハイキングでした。
帰りに温泉に入りたかったのですが、交通機関の時間の都合により断念。水上温泉街は駅から微妙に離れているので毎回入りそびれてしまう。今シーズンの雪山はこれで終わりにしようかと思ったのですが、温泉に入りたいから日光に行こうかな…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

つるるとさんの山の写真はいつ見ても登ってみたい気持ちをそそりますね。
天神平スキー場には何度も行ったことはありますが、紅葉見物以外での雪山登山は一度もないです。写真を見ているだけで登ってみたくなりますね。私のうちからは赤城山と子持山の間に、雪に覆われた谷川岳が見えます。
谷川岳のスキーはこれからがシーズン本番で、積雪はまだ3メートルあるようです。ゴールデンウィークに行った時は、顔が雪焼けで皮がむけて大変でした。
17日の帰りの電車に乗る頃に、谷川岳の一ノ倉沢方向にヘリコプターが飛んで行く音がしませんでしたか。福岡から単独登山に来ていた人が昼過ぎ頃、一ノ倉沢の稜線から落ちたらしいです。

去年、自転車で水上日光方面の紅葉見物で行かれたと思いますが、第二回日光白根ヒルクライムも4月21日にあります。参加者が去年は少なかったので今年は中止かと思っていましたので開催されると聞きホットしています。

Re: タイトルなし

こんばんは。

谷川岳で亡くなった方はアイスクライミングをしていたようです。
春山は楽しい反面、雪崩などに要注意です。
私が登った日も山頂付近で雪庇の端に近づいて下を覗き込む登山者がいたので注意しました。
自分も気を引き締めて気をつけたいと思います。

日光の山々の雪はだいぶ溶けてきた様ですが、日光白根山だけはまだまだ白いですね。