電車にて

南アルプスの鳳凰三山へ登山に行ってきました。詳細は後日記事にしますが、今回は帰りの電車内での出来事について。
立川駅のホームでホリデー快速富士山を待っていました。ホリデー快速富士山は季節限定で河口湖駅と小山駅を直通で運転している快速列車です。6両中1台の指定席列車を除く自由席列車は乗車券のみで乗れるので、非常にお得です。車両は昔のあずさのが使われていて懐かしい感じです。

ホームでは私を含めて5人ほど待っていました。ドアが開き、誰も降りてこないので当然順番に乗り込みました。すると、30代~40代くらいのおばさん4人グループが喋りながら客席からデッキに出てきました。当然、乗ってくる人と鉢合わせ。最初の3人は「降りられないわ~」と喋りつつ隣の車両へ移動、最後の一人が我々に向ってこう吐き捨てるように言いました。「くぉいつらー、ルールも守れねーのかよぉー」。私は耳を疑いましたね。さすがにこのときは何か言おうと思いましたが、言っても無駄そうなので止めときました。

このBBAのいうルールとは「降りる人間が優先」ということで、このルール自体は間違っていません。ただ、これには条件があります。それは「降りる人はすぐに降りられるように、駅に着く前にドアの前で待っていなければならない」という条件です。そうしないと乗る人が乗れないので当然ですよね。誰も降りてこないのに、降りる人を待っていたら滑稽です。新幹線や特急列車は停車時間が短いのだから、なおさら降りる駅に着く前にドアの前で待っているべきです。駅に着いてからデカい尻を持ち上げて、グループでお喋りしながらちんたら降りてくるBBA共のほうが余程ルール違反です。

こんなこと他人に言われなくとも、普段から電車に乗っていれば分かる常識でしょ。そんなことも分かってない人がルールを自分に都合の良いように持ち出して文句言うのはチャンチャラおかしい。大体、子供がいてもおかしくない年齢の女性が使う言葉使いじゃないよ。こうやって、親から子にバカの連鎖が繋がっていくのでしょうな…。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント