白馬三山縦走(前編)

P1030136.jpg
白馬岳をめざして。

8/13(火)~8/15(木)登山:白馬三山縦走

8/13(火)1日目:11:00栂池自然園11:00-12:00天狗原-13:35乗鞍岳-14:10白馬大池 行動時間3時間10分
8/14(水)2日目:5:05白馬大池-7:30小蓮華山-8:20白馬岳(2,832m)-9:10白馬頂上宿舎-10:22杓子岳(2,812m)-11:50白馬鑓ヶ岳(2,903m)-13:10天狗山荘 行動時間8時間5分 *休憩を含みます。

今年のお盆休みは白馬三山縦走をしてきました。ようやく天気も安定して夏山シーズンらしくなってきましたね。

P1020931.jpg
天狗原で昼飯。
ゴンドラとロープウェイを乗り継いでスタートの栂池自然園へ。山の上のほうはガスって天気はいまいち。

P1020961.jpg
雪渓が一か所あり。
短いのでアイゼンの必要はなし。

P1020969.jpg
乗鞍岳へ。
ハイマツの生い茂る開けた一帯に出れば、乗鞍岳はすぐです。ライチョウの生息地。

P1020986.jpg
白馬大池に到着。
岩のゴーロ帯を下ります。

P1030007.jpg
ハイシーズンなのでさすがにテント場は満杯。
14:00の到着でかなり埋まっていました。仕方なくトイレ前にテントを設営したのですが、これが後に悲劇を招くことに。

P1030019.jpg
夕方からは青空に。

P1030026.jpg
お花畑はまだきれいです。

P1030041.jpg
夕暮れ。
雪倉岳から朝日岳への稜線がきれいでした。蓮華温泉方面へちょっと行ったところに座りやすい岩があって、夕暮れ時の眺めがとても良いです。

P1030059.jpg
出発。
テントがトイレの前ということもあり、夜中も人の往来が多くて気になって寝不足気味。さらに、朝のテントの撤収時に、フライに直径1㎝くらいの穴が開いているのを発見。丸く焦げた跡だったので、トイレに行く人が歩きたばこをしていたのではないかと思います。腹立つ…。気を取り直して、2日目のスタート。

P1030075.jpg
小蓮華山へ。
ここからは気持ちの良い稜線歩きです。

P1030103.jpg
これから向かう白馬三山。テンション上がりますな。

P1030118.jpg
天気最高です。

P1030124.jpg
小蓮華山山頂。雪倉岳方面へはいつか行ってみたい。

P1030125.jpg
大池もまた違った印象。

P1030148.jpg
三国境。

P1030172.jpg
お花畑もあります。

P1030170.jpg
立山、剣岳がはっきり。

P1030173.jpg
白馬岳はもうすぐ。

P1030179.jpg
白馬岳山頂から。

P1030183.jpg
大雪渓。人の行列が見えます。

P1030189.jpg
これから向かう杓子岳と白馬鑓ヶ岳。

P1030214.jpg
開放感が溢れる眺め。
この辺りまでは前回来たときに歩きました。ここから先は初めてのコース。

P1030196.jpg
お花畑あり。

P1030217.jpg
杓子岳へ。人工物みたい。

P1030218.jpg
杓子岳山頂への登りはガレガレなので要注意。特に下る場合は。

P1030220.jpg
白馬岳。見る角度によってだいぶ印象が違います。

P1030224.jpg
信州側はスパっと切れ落ちているので注意。時々、大雪渓へ落石があるのを肉眼で確認できます。

P1030233.jpg
次は鑓へ。

P1030240.jpg
振り返って。すごい眺めだ。

P1030242.jpg
山頂へ。登りは遠景の見た目ほどはきつくはないです。

P1030257.jpg
白馬鑓ヶ岳山頂。
前日の寝不足もあり、この時点でかなりへばっていました。

P1030253.jpg
白馬岳、杓子岳。

P1030262.jpg
天狗山荘、鑓温泉分岐方面。

P1030263.jpg
逆から見るとやはり印象がだいぶ違います。

P1030288.jpg
ふーぅ、やっとこさ到着。思ったより消耗しました。

P1030292.jpg
テント場から。
天狗山荘は場所が中途半端な位置にあるためか、ハイシーズンなのに混んでいませんでした。山小屋泊の方に聞いたら、ひとりで布団2人分のスペースを使えたとか。テント場もお隣との間隔に余裕がありました。眺めは良いし、水場の水は豊富だし、売店も充実だし、トイレもきれいだし、お花はいっぱい咲いてるしで、穴場としてお勧めできる山小屋ですな。

P1030306.jpg
最後の締めはやはり夕日。

長くなりましたが、1、2日目が終了。天候に恵まれて白馬らしい景色を堪能しました。3日目は不帰キレットから唐松岳、そして八方尾根へ。詳しくは後半に続きます。後半はこちら

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント