穂高連峰に登る 3日目

P1030812.jpg
前穂から見る奥穂高岳。

9/22(土):穂高岳山荘6:15-奥穂高岳6:50-南陵の頭7:11-吊り尾根-最低コルの分岐8:04-紀美子平8:24-前穂高岳(3,090m)8:50-紀美子平9:33-重太郎新道-カモシカの立場10:41-岳沢小屋11:16-岳沢登山口12:41-河童橋13:05

P1030723.jpg
ご来光。我が郷土の男体山も見えました。

P1030731.jpg
朝から奥穂高岳へ向かう登山者でいっぱいです。

P1030733.jpg
今日も槍ははっきり。

P1030740.jpg
ジャンダルムに向う若者2人。かなりビビッているようでしたがw。

P1030744.jpg
御嶽山、乗鞍岳、焼岳。

P1030737.jpg
賑わう山頂。

P1030761.jpg
前穂高岳ヘ進みます。

P1030769.jpg
吊り尾根。前日に滑落事故があってヘリが来たそうです。

P1030776.jpg
鎖場がありますが、鎖は使う必要ないレベルです。小学生くらいの子が歩いてました。

P1030792.jpg
涸沢カール。良い眺めです。

P1030793.jpg
前穂が迫ってきました。上高地側から巻いていきます。

P1030797.jpg
どれが西穂?

P1030801.jpg
紀美子平。荷物をデポして前穂へ向かいます。

P1030803.jpg
岩がゴロゴロ。落石を起こさないように注意。

P1030807.jpg
ほどなく山頂に到着。ここも眺めが良いです。

P1030819.jpg
明神岳。

P1030820.jpg
赤い屋根が見えます。

P1030824.jpg
重太郎新道を下ります。かなりの急降下。

P1030825.jpg
梯子も何か所かありますが大したことはないです。3連休初日とあって登ってくる人が多くて、登山道は渋滞気味。しかも、みんな辛そうだw。登りでは使いたくない道だな。

P1030827.jpg
この辺りは視界が開けて気持ちが良い。

P1030830.jpg
事故頻発地帯。

長い梯子の少し下。なんでこんなとこで?、という感じの場所ですが、わたくし岩の段差で靴を滑らせ膝を強打w。疲れと気の緩みが生じ始めてくるタイミングの場所なんでしょうな。幸い大事に至らず。

P1030838.jpg
テント場。巨大な岩の上にテントを張ってるんですな。

P1030839.jpg
岳沢小屋。なかなか雰囲気が良い小屋です。この小屋までハイキングで来られる方もいるみたいです。

P1030849.jpg
日差しがかなり強くて、激しく日焼けしてしないました。

P1030850.jpg
降りてきました。

P1030851.jpg
自然散策路。水がきれい。

P1030859.jpg
観光も悪くないなw。

P1030867.jpg
また来るよ、穂高岳。

3日目は記事を書くのが面倒になって、紙芝居風になってしまいました。三日間とも絵にかいたような秋晴れでラッキーでした。仕事をさぼった甲斐がありましたねw。北穂~奥穂間は楽しかった。穂高岳周辺の感じが掴めたので、来年は大キレットを歩いてみたいと思います。赤城ヒルクライムに向けての高地トレーニングにもなったかも。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント