女峰山に登る

P1040122.jpg
ハイマツ帯のあたりから山頂。

10/14(月)登山:霧降高原8:20-キスゲ平8:42-赤薙山9:32-奥社10:15-一里曽根10:54-11:57女峰山(2,483m)12:30-唐沢小屋12:53-黒岩13:53-八風14:08-稚児ヶ墓15:10-行者堂15:52

以前から登りたかった日光の女峰山に登ってきました。土日は各地で強風が吹き荒れた模様。月曜日は風も弱まり、先週の季節外れの蒸し暑さも収まって登山日和な感じ。

P1040029.jpg
霧降高原の天空回廊。確か1445段でした。

P1040038.jpg
キスゲ平から焼石金剛へ。

紅葉は今ひとつ。つつじは紅葉前に枯れてしまったようです。この先もきれいなのははナナカマドの実ぐらい。肝心の葉は落ちてしまっていた。

P1040057.jpg
赤薙山山頂。先客が2人。

P1040083.jpg
この後、南からだんだんガスってきました。北側は晴れていてる模様。紅葉もいまいちなので早めのペースで歩く。

P1040111.jpg
痩せ尾根を行きます。道ははっきりしています。特に危険なところはなし。

P1040117.jpg
ハイマツ帯に出ました。

P1040125.jpg
山頂へ。すっかりガスの中。

P1040150.jpg
しばらく待っているとガスが晴れました。帝釈山、太郎山、小真名子山、奥に日光白根山。

P1040144.jpg
歩いてきた尾根。

P1040143.jpg
川治方面。

P1040146.jpg
会津、尾瀬方面。

P1040140.jpg
男体山は頭のみ。

到着した時は志津乗越から来た二人と私の三人。そのうち志津方面や霧降から続々人が登ってきて山頂は賑やかに。皆さん、ガスが切れた束の間の晴れ間に居合わせてラッキーでしたね。先は長くのんびりもしていられないので、昼飯を軽く食べて下山。

P1040152.jpg
ガレ場。歩きにくい。

P1040157.jpg
唐沢小屋。覗くの忘れた。

P1040177.jpg
樹林帯を抜け、開けた笹原に出ました。再びガスの中。踏み跡ははっきり、赤黄ののブリキマークもこれでもかというほどあるので迷いようがありません。

P1040197.jpg
黒岩。晴れていれば雲竜渓谷が見えるそうです。

P1040204.jpg
岩場に出ました。しばらく進むと八風。

P1040216.jpg
笹が腰上まであり、ちょっとうるさい。時折、獣の鳴き声や笹の中を何かが歩く音がします。クマーじゃないかとビビり気味。

P1040219.jpg
気持ちが良い尾根。つつじが多いです。残念ながら色づきはいまいち。花の時期のまた歩きたい尾根です。

P1040231.jpg
やっと杉林に突入。唐沢小屋からここまで誰とも会わず。この先で犬を連れた外国人さんひとりに会ったのみ。

P1040238.jpg
行者堂に到着。前回はこの辺で迷いましたw。

P1040241.jpg
無事を感謝して二荒山神社にお参りして終了。

時間的に日暮れ前にたどり着けるか不安でしたが、予定よりだいぶ早く下山できました。逆に黒岩尾根から登ったら大変でしょうな。行動時間は長いのですが、登山道や眺めに変化があるのであまり時間は長く感じませんでした。女峰山頂から見た帝釈山方面への尾根が面白そうだったので、今度は志津乗越側から歩いてみたいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント