川苔山

kawanori 062
山頂へあと一息。

1/12(日)奥多摩、川苔山:JR青梅線奥多摩駅8:35-(バス:15分)-川乗橋バス停8:50-細倉橋9:25-百尋ノ滝10:05-足毛岩分岐10:55-川苔山(1363.3m)12:00-昼食12:45-舟井戸13:05-大根の山ノ神14:05-JR鳩ノ巣駅14:35

那須や奥日光の山にそろそろ登りたいのですが、週末の関東北部の山沿いの天気がなかなか安定しませんな。某天気予報サイトでは雪予報も出ていました。まあ、予報に反して日光はマズマズの天気ぽかったようですが。とりあえず今週も確実に天気が良さそうな関東南部の山ということで、奥多摩の川苔山に登ってきました。休日お出かけパスを使えば、赤城山に行くより交通費が安いんですよねー。田舎はバス料金が高すぎです。

kawanori 001
川乗橋バス停。団体さん含めて15人くらい下車したかな、さすがに人気の山ですな。

kawanori 006
林道を歩きます。

kawanori 009
細倉橋。トイレがあります。

kawanori 020
川苔谷沿いに歩きます。大小の滝があったりで楽しめます。雰囲気が地元の三滝に似ているかも。

kawanori 030
百尋ノ滝。半分くらい凍結してました。

kawanori 039
滝からしばらくは急斜面が続きます。事故が頻発している場所だそうです。

kawanori 042
横ヶ谷へ下りていく斜面のところで危険を感じて、今年初の軽アイゼン装着。

kawanori 043
足毛岩分岐。すれ違った登山者の方の話では、どちらから川苔山へ行っても雪の量は同じくらいとのこと。

kawanori 046
横ヶ谷へ入る。沢をを詰めていくのですが、積雪直後にトレースがないと迷いそうです。紛らわしいトレースもいくつかあります。勉強がてら地図とにらめっこして歩きました。ピンクテープはあまりありません。

kawanori 051
このあたりが雪が一番多かった。砂防堰を幾つか越えて標識の先をしばらく行ったところで、左手に見える尾根にスイッチバック気味に上がります。

kawanori 052
尾根に乗りました。

kawanori 054
稜線上の四差路に出ました。

kawanori 055
ここから山頂までは雪が多めに残っています。青空とのコントラストがいい感じ。

kawanori 063
山頂は割と広め。鳩ノ巣駅から登ってきた人で賑やかでした。

kawanori 065
雲取山。

kawanori 067
奥に見えるのは先週登った大菩薩嶺かな?

kawanori 070
富士山。丹沢は見逃した。今度からカシバードをプリントアウトしていこうかな。

kawanori 072
昼食後に鳩ノ巣駅方面へ下山開始。

kawanori 076
舟井戸。大ダワ方面は要アイゼンの看板あり。

kawanori 078
舟井戸のチョイ先まで、日陰では霜柱が凍結していてかなり滑ります。私はドロドロの箇所が嫌で早々とアイゼンを外してしまいましたが、しばらくは我慢して付けたままのほうが安全です。

kawanori 085
だらだらとした下りに飽きつつ、やっと車道に合流。

kawanori 086
大根の山ノ神から熊野神社経由で進む。

kawanori 088
JR鳩ノ巣駅に到着。ゴールしてすぐ駅というのが良いですね。丁度良いタイミングで電車に乗れました。

コンパクトな山域に様々な表情のコースが幾つもあって人気があるのも頷けますね、川苔山。下山路はだらだらとした下りで少し飽きたけれど、鋸尾根の方はまた違った感じで面白そうです。それにしても、やはり東京の山は人多いです。今の時期の奥日光だと1日で5、6人すれ違えばいい方ですからねー。まあ、自分にはその方が性に合っているのですが、たまには賑やかな山もイイもんです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント