しまなみ海道ツーリング その2

P1050329.jpg
生口島にて。

5/2(金)自転車:今治市~サンライズ糸山~大島(~亀老山展望公園)~伯方島~大三島(~大山祇神社)~生口島~因島(~白滝山)~向島~尾道(市内観光)~輪行(岡山からサンライズ瀬戸)
走行距離約105km 走行時間4時間54分 所要時間約8時間 Avg.21.5km/h

今治市内のビジネスホテルに前泊して、翌日いよいよ待望のしまなみ海道へ。予想最高気温26℃で初夏の陽気。

P1050263.jpg
スタート地点のサンライズ糸山。
平日でしたがそこそこ人がいました。朝8時半の時点で自転車のレンタルも可能だったようです。橋の通行チケットであるサイクリングクーポンを250円で購入。

P1050264.jpg
1本目の来島大橋。でかい。

P1050269.jpg
海がきれいだ。

P1050280.jpg
自転車と歩行者用のループ橋。

P1050284.jpg
来島大橋はカッコええのう。

P1050285.jpg
よしうみいきいき館から亀老山展望公園を目指します。

P1050286.jpg
こんな感じの登り。距離は短いけど勾配は平均8%くらいだそうです。

P1050293.jpg
展望台からの眺めが良いですな。

P1050298.jpg
島の中央の峠を越えると宮窪瀬戸の潮流。川みたいに潮の流れが速い。

P1050301.jpg
2本目の伯方・大島大橋。

P1050302.jpg
料金所はこんな感じ。箱にクーポンをちぎって入れます。

P1050305.jpg
伯方島の伯方ビーチ。う~ん、南国チック。

P1050306.jpg
は・か・たの塩♪のソフトクリーム。伯方島は今回はサクッと通過。

P1050309.jpg
3本目の大三島橋をわたって大三島へ。橋へのアプローチ途中の新緑がどこの橋もきれいでした。

P1050313.jpg
ホントに水の透明度が高くて海がきれいですな。

P1050314.jpg
多々羅しまなみ公園。賑やかな道の駅です。柑橘類の販売が充実で安い。

P1050318.jpg
大山祇神社に立ち寄り。
道中ちょっと坂があります。定番のヘルメットお守りを購入。有名店の大漁は大行列で断念。せとうち茶屋で昼食をとったけどけど今ひとつな感じ。

P1050323.jpg
4本目の多々羅大橋。鳴き竜をやるの忘れてた。

P1050325.jpg
大三島方面。

P1050331.jpg
お隣の高根島と生口島を結ぶ高根大橋。
生口島は前半のサンセットビーチという海沿いの道が気持ち良かったです。後半は観光スポットが多そうでした。

P1050337.jpg
5本目の生口橋。だんだん橋マニアの気持ちがわかってきましたw。

P1050339.jpg
海沿いの建物や船も増えてきました。

P1050340.jpg
各橋へのアプローチにはこのような休憩・展望スポットが多くあります。

P1050345.jpg
白滝山への登り。
因島ではせっかくなのでプチ登山をしてみた。白滝山226・9m。表参道駐車場までは激坂。普通はフラワーパークの方から行くみたいです。

P1050352.jpg
山頂の五百羅漢。

P1050357.jpg
勝手に鳴らしてみたらめっちゃ音が響いて気持ちイイ!でも、マズかったのかなw。

P1050361.jpg
眺望が素晴らしい。時間に余裕があったら立ち寄ることをお勧めしますよ。

P1050367.jpg
はっさく屋ではっさく大福を購入後に6本目の因島大橋。

P1050368.jpg
橋の下を走ります。

P1050369.jpg
いよいよ本州が見えてきましたな。

P1050372.jpg
市街地に抜けると実質ゴールの渡船場に到着。

P1050373.jpg
学生さん達と乗船。
本当はもう1本尾道大橋があるのですが、そこは自転車通行非推奨なので最後は渡船で尾道水道を渡ります。

P1050375.jpg
ついにゴール!疲れました~。

P1050418.jpg
帰りもサンライズ瀬戸で。

尾道駅のみどりの窓口で聞いてみたら、運よく岡山からのサンライズ瀬戸のシングルの空きがありました。新幹線の特急券と3000円くらいの差額で乗れるので当然購入。これで尾道観光の時間が作れました。尾道観光についてはまた後日。サンライズ瀬戸のシングルはシングルデラックスと比較するとさすがに狭いですが、十分に輪行可能でした。オーストリッチ輪行袋の梱包方法ならいけますが、前輪のみ外すタイプの輪行袋だときついかもしれません。

しまなみ海道、本当に楽しかったですよ~。サイクリストに大人気なのも頷けますな。交通費が高いので気軽に行ける訳ではないのですが、絶対に再訪したいものです。各島を1周、1日で往復、途中の島で宿泊するとかいろいろ楽しみ方がありそうですね。あと、久々の西日本は風景、人、電車、雰囲気など全てが新鮮でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント