金精峠まで

okunikko 018
湯ノ湖にて。

5/11(日)自転車、日光:渡良瀬遊水地~例幣使街道~古峰原街道~小来川~滝ヶ原峠~清滝~いろは坂~湯ノ湖~金精峠~(往復)
走行距離約213km(サイコン計測ミスの為)

GW明けの週末はどこも空いているだろうと遠出を計画。南房総、渋峠などを検討しつつ結局は行き馴れた日光へ。今回は行き返り往復自走を目標に朝5時半に出発。

okunikko 002
新緑の季節の古峰原街道は走っていて気持ちイイ。

okunikko 003
久々の滝ヶ原峠はやはりきつかった。

okunikko 005
いろは坂はそこそこの交通量。ミツバツツジがぼちぼち咲いていました。

okunikko 009
戦場ヶ原はまだ冬枯れの景色。

okunikko 011
湯滝は観瀑台が新しくなっていました。

okunikko 010
湯滝前になぜかヤマザキショップがオープン。品揃えは今ひとつですが、パンやゼリー飲料、カロリーメイトなどはあるので補給に使えますね。

okunikko 014
湯ノ湖はまだ雪深い白根山方面の遠景と相まって良い雰囲気でした。天気はイイし、人は少ないし最高だったな。そういえばこの日は自転車をあまり見ませんでした。

okunikko 017
時間がないので足湯で我慢。あたたまる~。

okunikko 019
金精峠では最初の10%でちょっと足が攣り気味に。

okunikko 027
お決まりのショット。金精山への急登の登山道はアイゼン必須な感じでした。残雪多し。

okunikko 028
帰りも滝が原峠経由で。小来川への下りが気持ち良い。でも、以前にここで鹿とぶつかりそうになったんですよねw。

帰りは黒川沿いで鹿沼市街地へ。お土産に黒田養蜂園で蜂蜜を購入。しかし、順調だった今日1日に最後に味噌が付いてしまいました。西方あたりの陸橋の下りで派手に落車。腰を強打、上半身裂傷多数。ジャージとアームカバーがぼろぼろ、ヘルメットのシェルが割れる。死ぬかと思った。自転車は幸いSTIレバー破損、バーテープ破れぐらいで済みました。病院に行ったら一応骨には異常がないみたいでよかった。擦り傷のやけどが酷くてしばらくは風呂に入れなさそうです。久しぶりの1日200kmオーバーだったので疲労で注意力が散漫になっていたかも。安全走行への意識をもう一度引き締め直せ、ってことですかね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント