残雪の女峰山

P1070196.jpg
全く何も見えませんでした…。

4/4(土)登山:栃木県日光市 女峰山
霧降高原バス停8:15-小丸山8:45-赤薙山10:00-奥社跡11:03-独標12:20-14:10女峰山(2483m)14:30-唐沢避難小屋14:55-黒岩16:35-白樺金剛水場17:16-稚児ヶ墓17:38-行者堂18:13-西参道バス停18:26
所要時間:10時間11分
交通:東武日光駅から東武バスで霧降高原。

土曜日は関東北部は晴れ間がありとのことだったので、雪がまだ多そうな女峰山に行ってきました。4/1から霧降高原行きのバスが運行開始しています。

P1070165.jpg
階段上にはほぼ雪はありません。

P1070168.jpg
赤薙山への尾根上の雪もだいぶ融けました。同じバスに同乗のカップルさんは避難小屋まで抜きつ抜かれつ。

P1070169.jpg
赤薙山頂。ここまでは踏み抜きも少なく快適に歩けました。アイゼン装着。

P1070174.jpg
奥社跡へと進むと踏み抜き多発です。先週が気温が高かった為か雪がかなり緩んでいました。

P1070177.jpg
奥社からの下り。先行者2名のトレースに助けられました。

P1070179.jpg
2229m峰から緩やかな登り。

P1070184.jpg
雪の状態が悪い。途中からワカンを装着も、踏み抜きで消耗。

P1070185.jpg
一里曽根、独標。ここでの休憩中にこの日一度きりの晴れ間。

P1070187.jpg
天候悪化。太陽は何処に~、天気予報士さん。この日は全く眺めなし。

P1070191.jpg
一応核心部の急登。トラロープ設置部分は完全に乾いていて問題なしです。

P1070192.jpg
山頂へ向かう稜線。吹雪いてます。天気が良ければ気持ち良かったろうな…。

P1070197.jpg
気温自体はそれほど低くないのですが、ガスで全く視界が効きませんでした。バスの時間にどう考えても間に合わないので、黒岩経由で下山に変更。

P1070198.jpg
ガレ場はペンキマークが見えないので夏道はわかりません。踏み抜きが嫌で敢えて岩の出ているところを歩く。

P1070201.jpg
唐沢小屋。カップルさんとはここでお別れ。

P1070202.jpg
ガレ場トラバース。ザラメ雪でズボズボ潜ります。

P1070204.jpg
樹林帯は安心と信頼の日光マークを頼りに歩きました。このルートを下ったのはだいぶ前なので記憶が曖昧。踏み跡の痕跡はあるもののトレースはなし。ピンクテープがこんなに心強かったのは初めて。

P1070208.jpg
いったん雪がなくなり、ここでアイゼンを外す。ここの手前の岩とコメツガの急な下りで腰まで盛大に踏み抜く。ピッケルで足を掘り起こし脱出。足が抜けないままで足が攣って焦りました。

P1070211.jpg
黒岩が見えてちょっと安心。

P1070213.jpg
雲竜渓谷がちらっと見えました。

P1070215.jpg
八風。まだまだ先が長い。

P1070218.jpg
バスの心配はないのですが、暗いスギ林を歩くのが嫌。ヘッデン準備して先を急ぐ。

P1070220.jpg
何とか完全に日が落ちる前に行者堂に到着。

疲れました、本当に。踏み抜き地獄は精神的にきます。一応、途中から足を出す前にストックで確かめてたんですけどね。天気も悪くて眺望なし。視界が悪く、ルートが分かりにくい。修業のような1日で、いろいろと勉強になりましたw。雪山は当分ゴメンだと思ったのですが、たぶんまた行っちゃうのでしょう。女峰山は天気が良い時には最高に眺めが良いので、初夏の頃にでも帝釈山、小真名子、大真名子と繋いで歩きたいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

悪天候の中、奮闘でしたね

こんばんは。
避難小屋から下は尾根歩きでない局面も多く、雪面ではわかりづらかったことでしょう。さぞ、不安だったのでは。
山頂までの行程もゆるい雪で大変そう。天気は残念でしたが、のちのちかえって思い出に残る山行になるのではないでしょうか。

Re: ななころびさん

ななころびさん、こんにちは。
夏に一度歩いたことがあるので問題ないと思ったのですが、残雪期とは言え雪があると全然勝手が違いました。
この日に霧降高原からスタートしたのは私を含めて3組5人でした。ほぼ同時に山頂に到着したのですが、妙な連帯感が生まれましたね。
ななころびさんのおっしゃる通り、条件が悪く苦労した山歩きも後になれば良い思い出ですね。