仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳 前編

IMGP0364.jpg
小仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳。

8/2(日)、3(月)登山:山梨県南アルプス
ルート1日目:北沢峠長衛小屋8:28-大滝の頭五合目9:36-小仙丈ヶ岳10:33-仙丈ヶ岳(3,032m)11:48-仙丈小屋12:34-馬の背ヒュッテ13:08-大平山荘14:56-北沢峠15:12-長衛小屋テント場15:30(テント泊)
2日目:長衛小屋テント場4:38-仙水峠5:35-駒津峰6:57-摩利支天8:23-9:15甲斐駒ケ岳(2,967m)10:00-12:30長衛小屋テント場

交通:JR中央本線甲府駅から山梨交通バスで広河原まで2時間、北沢峠まで25分。行きのバスは増便されるため確実に座れます。帰りは早めに並ばないと2時間たつ破目になります。ザックを置いて番取りも仕方がないですが、バスが来るまでには列に並んで待ちましょう。トラブルの原因になります。

有給を1日取って後立山に行くつもりでしたが、天気がはっきりしないので中止。比較的天候が安定していそうな南アルプスに目的地を変更しました。結果的には北アルプスも天気が良かったみたいですけど。日程も1泊に短縮したので白峰三山は諦めて、北沢峠のテント場をベースに仙丈ヶ岳と甲斐駒ケ岳に登りました。
新宿から夜行列車ムーンライト信州を利用、午前2時半に甲府駅に到着。朝一番のバスで広河原へ。

senjyo 009
長衛小屋テント場。日曜日の朝なので混んでいますが、翌日はスペースにかなり余裕がありました。バス停から15分足らずの距離なので歩荷訓練には全くなりませんでした。水場、トイレあり。川を冷蔵庫代わりに使える。

IMGP0299.jpg
1日目、仙丈ヶ岳へ。森林限界を越えたところ。

IMGP0302.jpg
振り返って甲斐駒ケ岳。猛々しいですね。

IMGP0359.jpg
北岳、間ノ岳。デカいなあ。

IMGP0321.jpg
穂高連峰が見えます。

IMGP0330.jpg
ハイマツ帯を進みます。

IMGP0394.jpg
小仙丈ヶ岳を振り返って。

IMGP0407.jpg
山頂と藪沢カール。

IMGP0419.jpg
山頂は意外と狭い。

IMGP0426.jpg
間ノ岳への縦走路。ロングコースですね。

IMGP0434.jpg
藪沢カールと仙丈小屋。

IMGP0451.jpg
山頂から仙丈小屋までは花が多し。あんまりうまく撮れなかったのでこんなのだけ。

IMGP0478.jpg
仙丈小屋の水場がキンキンに冷えていて旨かった。

IMGP0493.jpg
帰りは藪沢ルート、気分的に涼しいです。

IMGP0509.jpg
こんな滝があったり、

IMGP0524.jpg
雪渓が崩れていたり。

IMGP0539.jpg
北沢峠へ戻ります。

IMGP0540.jpg
夕方、テント場から摩利支天。朝晩は肌寒いくらいでした。

翌日に登った甲斐駒ケ岳と比較して、仙丈ヶ岳は穏やかで女性的な山容の山でした。花の見頃の時期にはちょっと遅かったものの、それでも様々な花が咲いていました。
森林限界を抜けた後の開放感溢れる景観は素晴らしかったです。危険個所は少なく、日帰りも十分可能なので人気があるのも納得です。間ノ岳への縦走路もちょっと心惹かれました。
翌日は甲斐駒ケ岳に登りました。続きは後半にて。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント