眺望抜群だった針ノ木岳 2日目

IMGP1064.jpg
スバリ岳方面から針ノ木岳。

8/15、16(土、日)登山:長野県 針ノ木岳
2日目ルート:針ノ木小屋テント場4:30-5:19針ノ木岳(2,821m)5:45-6:29スバリ岳(2,752m)-8:22赤沢岳(2,677m)-鳴沢岳(2,641m)-9:56新越乗越山荘-10:52岩小屋沢岳(2,630m)-11:57種池山荘-13:50扇沢
行動時間9時間20分

1日目はこちら

IMGP0996.jpg
蓮華岳、爺ヶ岳をバックに。針ノ木山頂手前で日の出を迎えました。

IMGP0998.jpg
前日は全く見えなかった後立山連峰。

IMGP1004.jpg
山頂へ。

IMGP1035.jpg
針ノ木岳山頂。

IMGP1013.jpg
裏銀座コースは今年歩けるかな?

IMGP1007.jpg
槍ヶ岳、穂高連峰。

IMGP1020.jpg
手前がこれから歩く稜線と、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬三山。

IMGP1019.jpg
立山、別山、剱岳。

IMGP1022.jpg
剱岳。

IMGP1025.jpg
立山。

IMGP1026.jpg
薬師岳、富山湾。

IMGP1043.jpg
赤牛岳、水晶岳、鷲羽岳とか。

IMGP1045.jpg
黒部湖。

針ノ木岳山頂からは抜群の眺めです。特に立山、剣岳は針ノ木岳~赤沢岳あたりが一番間近でよく見えると思います。こういう素晴らしい景色を見てしまうと、また登りたい山が増えてしまいました。名残惜しかったのですが、先はまだ長いので出発。

IMGP1058.jpg
スバリ岳へ向かいます。この辺りはガレバで足元が悪いです。

IMGP1067.jpg
スバリ岳山頂。眺望ヨシ。

IMGP1073.jpg
こんな痩せ尾根もあります。

IMGP1076.jpg
赤沢岳へ。

IMGP1090.jpg
山頂直下は浮石が多いガレ場で落石注意。

IMGP1098.jpg
赤沢岳山頂。この時分からガスってきました。ここも眼下にくろよんダム、目の前に剱岳で眺め良し。

IMGP1095.jpg
黒部湖側の急斜面。針ノ木雪渓側は完全にガスってしまった。

IMGP1121.jpg
何度見ても見飽きないなあ。

IMGP1123.jpg
立山。雪渓が凄いですな。

IMGP1122.jpg
赤沢岳を過ぎると緩やかな稜線歩きになります。この日は雷鳥は見られませんでした。

IMGP1129.jpg
鳴沢岳山頂。ガスって何も見えないのでここからペースアップ。

IMGP1131.jpg
新越乗越山荘の前後はお花畑が多いです。

IMGP1132.jpg
これは何だろう。

IMGP1162.jpg
ガスで遠望が利かないものの、きれいな花々を楽しめました。

IMGP1146.jpg
新越乗越山荘でおにぎりを購入。結構大きいおにぎり2個で300円。塩が効いて旨い、かなりお得。清潔感のある山小屋で泊まってみたくなりました。

IMGP1159.jpg
岩小屋沢岳。ここからは歩きやすい道なので時間短縮のボーナスステージです。

IMGP1174.jpg
樹木が増えてきました。

IMGP1182.jpg
種池山荘に到着。

IMGP1187.jpg
柏原新道は勾配が緩くて歩きやすいです。得意の下りであっという間に登山口。

IMGP1188.jpg
最後の難関はバス停までの急坂でした。

大町温泉郷までバスで移動して薬師の湯で汗を流しました。扇沢のバスの切符を買うと、200円割引券を貰えます。さほど混んでいなくて、広々とした露天風呂があり良い温泉でした。長野駅まで特急バス、長野駅から新幹線。お盆のUターンラッシュで指定席は満席でしたが、長野駅始発のあさまなら自由席に座れます。

お盆中に長期縦走ができなかったのは残念でしたが、今回の針ノ木岳周遊は予想外に良かったです。眺めは抜群だし、花はいっぱい咲いているし、稜線歩きの気持ち良さは白馬界隈に引けを取らないと思います。そして、何より人が少ないのがイイですね。周りの山々を見ながら歩いていると今度はあの山に登りたいとか、そんな気にさせられることの多い充実した山行でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント