チャイルド44

仕事が忙しかったり、気分が乗らなかったりで、しばらく登山と自転車はやれてません。気が向かないときは無理してやらないのが趣味を長続きさせる秘訣だと思っています。
週末は映画を見る機会が増えました。最近で一番良かったのはチャイルド44という作品です。マッドマックスをはじめ今乗りに乗っている俳優、トム・ハーディー主演。ソ連時代、体制維持のために秘密警察が恐怖で人々を弾圧、支配する時代の話。反逆の濡れ衣を着せられた主人公のレオが強い信念を持って猟奇的な連続子供殺人事件の解決に奔走するという内容。
前半の秘密警察による言論、思想弾圧の描写はリアルに描かれていて怖いですな。重厚な雰囲気です。後半は逆に負われる立場になった主人公が追跡をかかわしつつ事件の犯人を追いつめていくのがスリリング。あと、奥さんとの確執と和解も重要な要素になっています。
とにかくトム・ハーディーがカッコイイです。彼は見た目筋肉モリモリでゴリラっぽくて非常に男臭いのですが、時折見せる優しさや涙を隠さず流したりするところが人間臭いというか、キユートですらあります。アクションは見るからにパワーがありガチで強そう。中盤に奥さんと二人で追っ手をボコボコにするところは一寸笑いました。さすがドラゴンタトゥーの女ですw。ラストシーンが序盤のレオの出自に繋がるところが泣けました。見る前は純粋なサスペンスかなと思っていたのですが、見終わったら、イイハナシーダナーという感じでした。超お勧めです。
他の映画では「ジョン・ウィック」も良かったです。主人公とキアヌ・リーブスとのシンクロ度が高くてはまり役ですね。こちらもラストはある意味でちょっと泣けましたね、キアヌは良い奴なんだろうな~とか勝手に思ったり。久々にIMAXで見たけど迫力があって良いですね。
あと、今更ながら「ゆれる」という邦画を見たのですが衝撃的でした。なんで今まで見なかったのだろう…。

この先見る作品は、
①エベレスト3D②コードネーム U.N.C.L.E③ナイトクローラー④.007スペクター を予定。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント