妙義山 2015秋

myougisan 131[1]
大砲岩の上から金洞山。この辺りが一番紅葉がきれいでした。

11/1(日)登山:上州 表妙義
ルート:妙義神社9:00-9:49奥ノ院-10:32大のぞき-10:57天狗岩-11:04タルワキ沢-11:17相馬岳(1,104m)11:35-12:28堀切-13:03鷹戻し-13:30東岳(1,094m)-14:00中之岳-14:30第4石門-14:40大砲岩-中間道-15:17あずまや-妙義神社-16:04もみじの湯
所要時間:7時間04分
アクセス:JR信越本線松井田駅から道の駅妙義まで徒歩40分くらい。タクシーは電話で呼ぶ必要あり。
メモ:道の駅まで付近にコンビニ等は全くなし。道の駅は9時から。ヘルメットは着用した方が良いです。

昨年と同じく表妙義縦走コースで妙義山に紅葉を見に行ってきました。あと自分の体力の現状確認の為でもあります。今年は紅葉の進捗が早めだけど妙義山はどうだろか。

myougisan 003[1]
妙義神社はまだ緑でした。

myougisan 007[1]
中間道から辻(大の字分岐)へ向かうと紅葉がいい感じ。大の字方面のハイカー渋滞を避けるならこちらのルートで。

myougisan 010[1]
奥の院の鎖場。カニノタテバイと同じくらいくらいの長さかな。

myougisan 013[1]
見晴らしから裏妙義と浅間山。裏妙義は行きたいのだがアクセスがなあ…。

myougisan 015[1]
榛名山、赤城山方面。

myougisan 026[1]
玉石。

myougisan 027[1]
稜線の紅葉は終わりかけで中間道の間までがキレイ。昨年は11/8に歩いて同じような感じだったので、やはり紅葉の進み具合は若干早いのかもしれません。

myougisan 029[1]
天狗岩。

myougisan 034[1]
所々きれいな色があります。

myougisan 038[1]
相馬岳へ。

myougisan 050[1]
相馬岳山頂から金洞山。

myougisan 058[1]
バラ尾根を下ります。ザレていたり、浮石があったりして歩き辛い。神経を集中して登降する鎖場より、バラ尾根みたいなところのほうが危険な気がします。あと、石落としたら本当に止まらないので落石は起こさないように。ヘルメットはあったほうが良いと思います。

myougisan 055[1]
でも、バラ尾根は意外と紅葉がキレイなんです。

myougisan 074[1]
バラ尾根と堀切の間に休憩に最適な好展望地あり。昼飯は相馬岳山頂よりこっちの方が良いかも。

myougisan 079[1]
堀切から鷹戻しへ向かいます。途中痩せ尾根があるので油断しないように。堀切から中間道へ下りるコースはもみじがとてもきれいだった記憶があります。

myougisan 085[1]
鷹戻しの鎖場。鎖に頼らず登るのは困難です。

myougisan 088[1]
金洞山側から来ると「鎖を離すな」の看板の所を降りて行きます。

myougisan 092[1]
ルンゼの鎖場。鎖にあぶみが付けられていました。

myougisan 096[1]
ここを下るわけです。

myougisan 099[1]
奇岩群が下に見えます。

myougisan 103[1]
東岳から中之岳。

myougisan 105[1]
人様が歩いてみるのを見ると玉ヒュンですな。

myougisan 106[1]
荒船山。

myougisan 108[1]
中之岳山頂。

myougisan 121[1]
第4石門。

myougisan 132[1]
大砲岩に寄り道してから中間道で下山します。石門巡りだけもかなり満足度が高いと思います。ハイキングで来られる方も頑張って大砲岩、天狗の評定まで行ってみて欲しいですね。絶好の景勝地です。

myougisan 123[1]
中間道の紅葉は全体的には始まったばかりですが、第4石門からあずまやくらいまでの間は既に見ごろになっていました。

myougisan 138[1]
巨大岩盤をくぐるあたりも紅葉がいい感じ。

myougisan 144[1]
この日一番の紅かな。

myougisan 147[1]
地味にきついアップダウンを経て妙義神社へ。

myougisan 152[1]
日帰り温泉施設もみじの湯に到着。

もみじの湯で汗を流してから、帰りも松井田駅まで歩きました。列車の運賃はぐんま世界遺産パスを使用したので安上がりで済みました。
昨年同じコースを歩いた時とほぼ同じくらいの所要時間でした。とりあえず体力は衰えていないようでひと安心。時間はともかく前回より気持ち的に余裕を持って歩けたので、山の経験値が多少上がったのかな。観光地としての妙義山も割と好きなので、できれば年1回くらいは行けたらイイナと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント