唐松岳

IMGP2309[1]
3/26(土)登山:長野県白馬村 唐松岳
ルート、コースタイム等の詳細はこちらへ。(ヤマレコへのリンク)

家庭の事情で前回登った黒斑山から2か月空いてしまいました。雪山シーズンが終わる前にもう一度くらい登りたいと思っていたら、高気圧がど真ん中の好天予報。何とか口実を作りそそくさと準備をして行ってまいりました。谷川岳と迷ったのですが思い切って唐松岳に長距離遠征。家族に遠慮してのお出かけなので宿泊はし辛く、夜行列車を利用して0泊2日の旅です。

IMGP2251[1]人気の山らしく人の列が絶えません。ほぼ風は無く上着なしでスタートしました。

IMGP2266[1]五竜岳と鹿島槍ヶ岳。いきなりこの眺めだから堪りませんなー。

IMGP2296[1]広々とした尾根をずっと登っていきます。

IMGP2288[1]鹿島槍ヶ岳、きれいな双耳峰。

IMGP2276[1]不帰の瞼と天狗の大下り。以前テント泊縦走で歩いたことが懐かしい。

IMGP2319[1]唐松岳頂上山荘の手前の核心部。夏道は巻きます。

IMGP2329[1]山荘までは無風だったのですが、山頂直下は冷たい強風が吹き荒れます。

IMGP2334[1]山頂。大パノラマ。

IMGP2337[1]雄々しい五竜岳。

IMGP2336[1]不帰の瞼、白馬槍ケ岳方面。

IMGP2338[1]剱岳。

IMGP2339[1]立山。

IMGP2345[1]妙高方面かな。霞んでますね。

IMGP2347[1]寒いので撤退します。眼下に唐松岳頂上山荘。

IMGP2362[1]午後は少しガスが湧いてきました。

IMGP2368[1]広い尾根をひたすら下ります。視界が悪いと道迷いがありそう。

IMGP2374[1]おっと、これを忘れてましたね。白馬三山。

後立山は終日快晴でした。好天過ぎてお手軽ハイキングといった感じ、というのは贅沢かな。好天を狙い撃ちすれば労せずして絶景を得られるのところが、雪山入門に最適な山と言われる所以でしょうな。五竜岳と鹿島槍ヶ岳の雄々しい佇まいが印象的でした。やはり例年に比べると雪は少ないらしく、雪山シーズンも早めに終了しそうです。4月中にあと1回くらい雪山に登れたら良いのですが、家族のご機嫌を伺いつつといった感じですかね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント