『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』



4/2(土) シネプレックス幸手にて鑑賞。ここはシネコンにしては小ぢんまりしていて、座席のすわり心地が良く何となく落ち着きます。
作品は面白いものの何かが物足りない。ザック・スナイダー監督作品全般に言えることです。ダークナイト以来続くアメコミのリアル実写化路線もいろいろと無理が出てきている感じ。今の時代に正義のヒーローが成立するのかというメタなテーマ自体新しくもないし、安易に手を付けるべきじゃないような気がします。クリストファー・ノーランも契約があるんだろうけど、思いっきりやりたいことやってる映画がそろそろ見たい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント