女峰山から大真名子山

oomanago 029[1]
かろうじて咲き残っていてくれました。

5/29(日)登山:栃木県日光市
ルート:西参道バス停~黒岩尾根~女峰山~帝釈山~富士見峠~小真名子山~大真名子山~志津乗越~裏男体林道~三本松バス停 詳しいコースタイム等はこちら(ヤマレコへのリンク)へ

今年はつつじの当たり年というネット上での記事をよく目にしつつ、何となく行きそびれていました。梅雨前の貴重な晴天日。どこかつつじの残っていそうな所はと思案し黒岩尾根ならということで女峰山へ。黒岩尾根は2回下ったことはありますが登るのは初めて。思ったよりは楽に登れてしまいました。

oomanago 023[1]
つつじは終了間際。レンゲツツジが最盛期でしょうか。

oomanago 027[1]
水場のある沢のところが見事な躑躅の谷になっていました。

oomanago 030[1]
3度目の正直で晴天の黒岩尾根。

oomanago 069[1]
逍遥石からちょっと登ったところに見事なユキワリソウの群落。

oomanago 102[1]
ガレ場を登るのは初めて。直登ですな。

oomanago 109[1]
山頂には5、6人。霧降高原からの方が多かったです。この時分からガスでモヤってきました。

oomanago 113[1]
会津駒ヶ岳ですかね。遠景はいまいち。

oomanago 118[1]
時間があるのでとりあえず富士見峠まで行ってみます。

oomanago 120[1]
西から見るととんがりの女峰山。

oomanago 124[1]
専女山って地図に載っていないけど通称馬の背のこと見たいですね。

oomanago 139[1]
まだ時間があるので大真名子山へさらに向かいます。いやらしいガレ場は今日最大の難所。

oomanago 140[1]
こうしてみると立派な帝釈山。

oomanago 151[1]
小真名子山頂から太郎山。

oomanago 163[1]
鷹の巣。静かで雰囲気が良い場所でした。目をつぶっていると煩悩まみれの己の心が浄化されていくようなw。

oomanago 165[1]
この辺は深山の趣で修験者の山という感じですな。

oomanago 178[1]
千鳥返しの上から男体山。

oomanago 190[1]
無事下山。しかしこんな大きいいものをどうやって運んだんだろうか。

あとは林道を1時間チョイくらい戦場ヶ原まの三本松バス停まで歩きました。途中フクロウを見たり案外退屈はしませんでした。
最近は続けてロングコースを歩いているので翌日はダメージはほとんどなし。年を取ってくると継続は力なりをしみじみ実感します。
谷川岳馬蹄形縦走は約26kmくらい、この日は20kmちょいの歩きなのでそろそろ大丈夫かな。とりあえず谷川岳の山開きの日に運行する夜行列車を予約しました。天候次第ですけどね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント