鹿島槍ヶ岳、五竜岳

IMGP3341[1]
五竜岳。

8/13(土)、14(日)登山:長野県大町市
ルート:Day1 扇沢~柏原新道~種池山荘~爺ヶ岳(2,669m)~冷池山荘(テント泊)
Day2 テント場~鹿島槍ヶ岳南峰(2,889 m)~北峰(2,842 m)~キレット小屋~五竜岳~五竜山荘~唐松頂上山荘~八方尾根

コースタイム等の詳細はこちら(私のヤマレコへのリンク)から。

ちょっと前のことになってしまいましたが、お盆休みにテント泊で鹿島槍ヶ岳から五竜岳へとプチ縦走してきました。記事をアップしようと思いつつ忙しくて遅くなってしまいました。9月に行われる自転車の赤城山ヒルクライムのトレーニングとか、あとはポケモンGOですかねw、ちょっと面倒なので軽く写真だけ載せて置きますね。

IMGP3140[1]
扇沢から柏原新道で爺ヶ岳へ。

IMGP3151[1]
種池山荘から緩やかな登り。

IMGP3180[1]
この後ガスってしまいました。

IMGP3205[1]
冷池山荘テント場も大賑わい。

IMGP3239[1]
翌朝、鹿島槍ヶ岳へ。北アルプスを一望。

IMGP3241[1]
朝焼けに染まる槍と穂高。

IMGP3243[1]
鹿島槍ヶ岳山頂は大展望。

IMGP3247[1]
双耳峰の北峰へ。雲が沸き上がる。

IMGP3262[1]
南峰から吊り尾根への下り。意外と険しかった。

IMGP3269[1]
北峰ピーク。南峰のほうが標高が高いのでこちらまで来る人は少ない。

IMGP3271[1]
剣岳が真正面。

IMGP3289[1]
八峰キレット。あっさり通過。

IMGP3295[1]
キレット小屋。この時間帯はガスで視界が悪かった。

IMGP3305[1]
キレット自体より五竜岳までの道が険しい。難易度は低いが距離は長いので集中力は持続したい。

IMGP3314[1]
どっしりとした風格がある五竜岳。

IMGP3320[1]
ふと横を見れば雷鳥。

IMGP3319[1]
登山道を挟んで子ライチョウ。邪魔してゴメンね。

IMGP3323[1]
富山側をトラバース。

IMGP3344[1]
ちょっと嫌な感じのザレ場。

IMGP3360[1]
G5付近。

IMGP3367[1]
最後のひと頑張りの急登。

IMGP3369[1]
山頂と山荘の分岐点から鹿島槍ヶ岳。こちらも堂々たる山容だ。

IMGP3375[1]
やっとこさ山頂へ。

IMGP3382[1]
五竜岳山頂は文字通り360度の大展望だ。

IMGP3385[1]
立山、剣岳。

IMGP3373[1]
白馬方面。

IMGP3388[1]
五竜山荘へ。翌日以降天候が不安定そうだったので予定を変更しこの日一気に下山。

IMGP3403[1]
唐松岳方面へは甘く見てたらアップダウンがきつかった。

IMGP3411[1]
牛首で渋滞。関西系のおばちゃんは最強だ。ずっと待ってたら「あら、いたの。」だもんなw。

IMGP3413[1]
この日は唐松岳はパス。

IMGP3427[1]
八方尾根は省略。

これで一応三大キレット制覇。八峰キレット自体はいつの間にか通過していたという感じ。岩場の難易度もさほどでもないです。ただ、歩く距離はそれなりにあるので体力勝負でしょう。テント泊装備だと細かなアップダウンも堪えます。目の前に続くダイナミックな稜線を眺めながらの歩きは気分が良いですね。五竜岳と鹿島槍ヶ岳の山容の立派さが印象に残りました。
これで北アルプスの稜線の一般道で歩いていないのは南沢岳~蓮華岳間と西鎌尾根と西奥穂~奥穂、栂海新道でしょうか。栂海新道はともかく他は歩いてみたいです。夏山としては西穂~奥穂を歩きたかったのですが、すでに秋雨前線に突入してしまい来年に持ち越しかな。紅葉の時期になったら谷川岳馬蹄形か尾瀬をテント泊でのんびりとかが良いかなと思っています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント