『22年目の告白 私が殺人犯です』



6/18(日)小山ハーヴェストにて鑑賞。邦画のサスペンス物としては出来が良くて非常に楽しめました。ただ、不満点もあります。割と早く犯人が分かってしまうのは演出でしょうが、それならラストは黒沢清張りにもうひと段階突き抜けて欲しかった。凡庸な台詞も多かったかな。今どき「奴を殺しても、ホニャララは帰ってこなーい!」なんて台詞は使わないでしょう。あと、あの人はあぶない刑事のイメージが強すぎて…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント