那須に紅葉を見に行く

2010_1012nasu0045.jpg

毎年恒例の紅葉見物ということで那須に行ってきました。おととしは尾瀬、去年は会津駒ケ岳で那須の紅葉は3年ぶり。天気も良さそうできれいな紅葉が見られる期待大。

始発の宇都宮線で黒磯まで1時間半くらい、黒磯駅から山麓駅の停留所まではバスで1時間。のはずだったのですが、三連休の最終日かつ行楽日和ということで道路は大渋滞。まあ、ロープウェイ付近の駐車場のキャパに対してマイカーの数が明らかに多すぎます。9,10日は通行規制を実験的に実施していたようですが、もっと抜本的な対策が必要な気がします。日光のいろは坂も同様ですけど。2時間過ぎても到着しそうにないので、途中のバス停で下車して歩きました。山麓駅に着くと丁度ロープェイが到着、乗る予定じゃなかったのですがつい乗っちゃいました。茶臼岳の9合目まで歩けば4,50分のところをロープウェイだとわずか4分。VIVA!文明の利器!

2010_1012nasu0012.jpg

2010_1012nasu0016.jpg

2010_1012nasu0047.jpg

2010_1012nasu0083.jpg

ほどなくして那須岳周辺で一番紅葉が早い姥ヶ平へ。ん~、美しい。自然が織り成す華やかなモザイクが素晴らしい。夏の猛暑の影響で葉が枯れてしまったり、ピークも2,3日過ぎちゃってるぽいけれども十分にきれいです。いつまでも眺めていたい美しさ、でも確実な冬の訪れを予感させる刹那感が叙情的ですな。ん~、ちょっとおセンチモードです。

2010_1012nasu0071a.jpg

2010_1012nasu0095.jpg

その後、ついでに茶臼岳に登ってきました。初めて登ったのですが、正直単調なガレ場ばかりであまり楽しくありません。ただ、山頂の眺望は抜群です。今日はちょっとガスっていましたが晴れていれば海も見えるらしいです、って本当かなぁ~。

2010_1012nasu0103.jpg

下山はロープウェイを使わずにちゃんと歩きました(キリッ。というか、バスが来なさそうだったので鹿の湯まで歩いちゃいました。こんな馬鹿な人は滅多にいないと思いますが、渋滞していたので結果的にはバスより先に着きました。鹿の湯は湯元温泉のほとんどの宿の源泉がある日帰り温泉施設です。昔ながらの味のある建物の温泉ですが、今年建て替えられて浴場がきれいになっていました。お湯は白濁した硫黄泉でいかにも効きそうといった感じで良いお湯でした。帰りの電車の中でも体から硫黄のにおいがして、ちと困りましたが。

ちなみに帰りも道路は大渋滞。湯元から黒磯駅まで通常はバスで35分くらいですが、1時間半くらいかかりました…。行楽シーズンの連休に那須に行くなら、温泉宿に一泊して時間に余裕を持って行動したほうが良いかもです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント